ブログ

SSPって何?フィリピン留学で必ず必要なモノ2017年10月29日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

SSPとは、Special Study Permitの略。
日本語に翻訳すると、特別就学許可証

 

外国人がフィリピンの学校で勉強する場合は、このSSPが必要となります。
たった1日の留学でも、このSSPを取得せずに外国人がフィリピン国内の学校で勉強することは違法行為となります。

 

一方で、下記のビザを持っている方はこのSSPが免除されます(当局に直接聞いて確認しました)。

9G (就労)、9D(投資家)、13a,b(配偶者)、47a2(PEZA)、Retirement Visa、Quota Visa (割当)

まあ、ほとんど全ての留学生が「観光ビザ」での滞在だと思うので、無視して下さって結構です。

 

SSPは、皆さんが留学する学校が取得を代行して行ってくれます。
皆さんがすべきことは、パスポートと写真を学校スタッフに渡すことだけです

 

セブ英語倶楽部では、SSPの写しをお客様(生徒さん)にお渡ししていますが、そのような学校はほとんど無いと思いますので、ここでSSPの写しをご紹介します。

 

 

SSPは一度取得すると6ヶ月間有効です。
ただし、SSPは学習者と学校に対して発行されるので、仮に6ヶ月以内であっても他の学校で勉強する場合は再取得が必要になります。

 

料金は、3,740ペソです。
これに、Express Fee(特急料金)の500ペソを支払います。

 

実際のレシート

 

この特急料金を払わないと、SSPの発行と共にパスポートを1週間程度、現地の役所に預けなければなりません。
そこで、万が一の紛失等のリスクを軽減するために、当校では特急料金を支払って申請日当日にSSPを発行してもらっています。

 

ということで、合計4,240ペソ。
セブ英語倶楽部では申請代行費を少しだけ載せさせて頂いて、留学申し込み時に4,500ペソを留学料金と一緒にお振り込み頂いています。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数