ブログ

【11月21日時点】セブの状況を整理してみた(コロナ)2020年11月22日

 

1. データ(感染者数・死者数)

 

フィリピン全体

 

感染者数は40万人を超え世界で26位、死者数は8,025人で世界で28位です。

参考までに、日本の感染者数は約12.5万人で48位、死者は1,943人で54位です。

日本とフィリピンの人口はほぼ同じなので、死者数ではフィリピンの方が4倍多いことになります。この比較が体感的に一番分かりやすいですね。

 

一方でトレンドは日本とは異なり、緩やかな回復基調ですね。

こちらは日毎の感染者数の推移。

こちらは死者数。

 

Source: https://www.worldometers.info/coronavirus/country/philippines/

 

セブ

 

セブと一言で言っても広いので、多くの日本人が住むセブシティ、マンダウエ シティ、ラプラプシティの3市の合計数値を拾ってみました。

すると、メチャメチャ下降トレンド。

この3市の人口の合計は約180万人なので、この人口で日本の半分の死者が出ているのは驚きですが、どう見ても収束局面に見えますよね。

 

下記は感染者。

 

これは死者数。

 

セブ、コロナ終わりじゃん(喜)!!

 

普通、このデータみたらそう思いますよね。ところがフィリピン人は常に私たちの予想の斜め上を行くのです。なんと、最近になってセブシティが再ロックダウン。

 

 

理由は最近感染者数が増えているから。ということなので、セブシティの感染者数(週毎)を調べて見ました。

 

確かに、先週クイッと増えてるけど、それでも1週間でたったの150人程度。1日平均で約20人。一番酷かった6月〜7月と比べたら微々たる数字。

 

そう、この理不尽さこそがフィリピンなのです。僕はいま日本にいるので冷静でいられますが、いまセブにいたら怒り心頭でしょうね。だって、フィリピンのロックダウンは日本と違って法的拘束力があるので本当に厳しいのです。下手すりゃ、逮捕されますから。

 

以上がフィリピンとセブの現状です。

 

フィリピンは暖かいし、圧倒的に平均年齢も低いので、現状の回復基調は納得できます。死者が多いのは、医療体制の脆弱さと、そもそも貧しくて病院に行けない人が多いという違う理由に起因すると思われます。

 

ということで、セブ留学の再開は愚かな政治家次第ということで、何とかしてあの市長を首にするしかありませんね。政府の強権でなんとかなりませんかね?ドゥテルテさん、ガルシア!

 

2. 学校再開

 

現地に残っている人の話では「ちらほら再開してる学校はあるみたいですよ」とのことですが、基本はまだダメの様です。下記は3日前のニュースです。記事の内容は「セブの地方(プロビンス)で人数を絞った対面授業の実施を許可」ということなので、「セブの中心地での対面授業の本格実施」にはまだ遠そうです。

 

こんな記事もありますね。

 

Philippines becomes last Southeast Asian country to reopen classes

https://mainichi.jp/english/articles/20201005/p2g/00m/0in/120000c#:~:text=Philippines%20becomes%20last%20Southeast%20Asian%20country%20to%20reopen%20classes,-October%205%2C%202020&text=MANILA%20(Kyodo)%20%2D%2D%20The%20Philippines,response%20to%20the%20coronavirus%20pandemic.

 

内容を呼んでみると、フィリピンの学校再開は東南アジアで一番遅く、今でも約2200万人が遠隔授業で学んでいる、とのことです。

 

英語学校もきっと公立学校と横並びでの再開許可になると思われるので、まだまだ先は長そうです(悲)。

 

3. 治安

 

Pandemic crime rate drop to improve Philippine rank – PNP

https://www.philstar.com/nation/2020/10/31/2053522/pandemic-crime-rate-drop-improve-philippine-rank-pnp

 

この記事にはこんな記載があります。

 

During the 226-day community quarantine, the PNP documented 21,729 crimes, which is lower by 45.85 percent compared to 39,920 cases recorded before lockdown measures were imposed.

 

要は、コロナによるロックダウン前と比べて、45.85%も犯罪件数が減少したというのです。コロナにより雇用情勢が厳しくなり、それによる治安の悪化が懸念されていましたが、この点では大きな問題はないようです。

 

4. 失業率

 

 

https://tradingeconomics.com/philippines/unemployment-rate#:~:text=Unemployment%20Rate%20in%20Philippines%20averaged,the%20fourth%20quarter%20of%202019.

 

今年の第2Qでは、失業率は17.7%に達したそうです(フィリピン全土)。17.7%って驚異的な高さですが、肌感覚ではもっと高いように感じますね。いずれにせよ、このままではヤバイです。そして、最近のニュース。

 

Philippines to be Asia’s worst economic performer

 

この記事には下記のような衝撃的な内容もあります。

 

Between 2019 and 2025, the Philippines is expected to suffer a 13% decline from its pre-pandemic forecast, the worst in the world followed by India, Argentina and Mexico. 

2019年から2025年の間に、フィリピンはパンデミック前の予測から13%減少すると予想されており、
インド、アルゼンチン、メキシコに続いて世界で最悪です。

 

 

4. 入国制限

 

現時点、フィリピンに入国できるのは下記の非常に限定された人たちです。観光客どころか、就労ビザ保持者ですら入国できません(私も)。

 

 フィリピン国籍を持つ重国籍者

 フィリピン国籍者の配偶者、フィリピン国籍者の未成年の子供、フィリピン国籍者の介助等が必要な子供、フィリピン国籍未成年者の親

 有効な永住権(移民ビザ)の保有者

 駐在または任務で渡航する外国政府職員(外交/公用)

 フィリピン貿易産業省(DTI)フィリピン経済特区庁(PEZA)フィリピン運輸省(DTOr)ならびにその他のフィリピン官庁(NGA)や政府機関より推薦を受けた外国人

 外国籍の船員(船員の交代を目的とした入国)

 有効な特別(非移民)ビザの保有者

 

少なくとも、就労ビサ保持者の入国は解禁して欲しいものです。ロックダウン以降「交代ができない」ことからずっとフィリピンに残っている(残らざるをえない)日本人はたくさんいるのです。

 

ソースは、東京のフィリピン大使館のウェブサイトです。

お知らせ: コミュニティ隔離下における外国人のフィリピン入国のための ビザ申請書類

 

5. フィリピンへのフライト

 

【フィリピン航空】セブー成田・名古屋・大阪、2021年1月から運航再開予定

https://www.excite.co.jp/news/article/Global_news_asia_6804/

 

皆さん、こういう記事もありますが気をつけて下さい。以前、12月1日から再開という全く同じように告知がありましたが速攻で取り消されましたので。

 

現在、セブに行くには原則マニラ経由ですね。ということは、マニラで14日間の隔離になります。韓国からですら現在はセブには直行便はないようです。ところが、なんと香港からはセブへの直行便が飛んでいるのです。しかも、現状、香港では一定の条件を満たせば乗り継ぎは可能とのことです。

 

 

まとめ

 

結局のところ、日本と同じように「政治家の決断」次第でしょう。

 

個人的には、フィリピン留学の再開は2021年の夏頃になってしまうように思います(これでも楽観的?)。いずれにせよ、焦らない方が良いと思います。

 

観光客の入国が解禁になってもすぐには飛びつかずに、1ヶ月くらは静観すべきでしょう。1ヶ月も経てば現地も少しは混乱が収束し、ネット上でも勇気ある入国者たちが発信する情報を得られることでしょう。

 

セブ英語倶楽部は存続していますが(国内合宿を定期的に開催中)、セブでの再開は十分に現地が落ち着いてからにするつもりです。お客さんが来てから再ロックダウンとか食らったらたまりませんので。

 

【2021年1月】石垣島で英語合宿を開催します!

 

 

最後にタイについても同じように整理してみました。宜しければどうぞ!

 

  • Instagram
  • 友だち追加数
留学説明会メルマガ登録