ブログ

英語の発音を良くするための勉強法2017年7月4日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

発音ってすっごく大切です。

 

どんなに文法的に正しい文章を口にしても、発音が悪ければ相手に通じません。
一方、多少ブロークンな英語でも発音が良ければ「英語がうまい」という錯覚?を聞く人に植え付けることができます。第一印象って本当に重要です。

 

では、どうすれば英語の発音が上手になるのか?

 

完全に私の持論ですが、

 

英語をたくさん聴くことだと思います。
大量に集中して聴くことです。
そして、モノマネすることです。

 

勿論、発音記号を覚えてそれぞれの音を学ぶことは重要です。それは素晴らしいことです。しかし、それは必要条件であって十分条件ではありません。

 

とにかくよく聞くことです。
大量に集中して聴くことです。

 

そうすれば、自然と英語のリズムが脳内に生まれてくると思うのです。
何度か聞いたことのある音楽を自然と口ずさむように。

 

私は昨年9月からセブ英語倶楽部で英語を教えています。多くのお客様を教える中で、いくつかの日本人英語学習者の傾向のようなものが分かってきました。そして、その一つは「英語を聞く量が足りない」こと。

ですから、私のレッスンはテキストを見ずにネイティブの音源を真似することから始めます。そして、皆さんにリスニングのススメを説いています。

 

私は、先日、当校のネイティブ講師のトニーとセブの銭湯に行きそのままディナーに出かけました。その間、ずっと彼のアメリカ英語を聞き続けました。アメリカ英語のシャワーです。そして、彼のリズムに慣れてきた頃から少しずつ彼のアクセントのモノマネを始めました。自発的にモノマネしたというよりは、私の脳が自然と反応したというような感じでした。

 

私はイギリスにいた頃、朝から晩までイギリス英語のシャワーを浴びました。当たり前ですが。。。そして、イギリス人とコミュニケーションをとるため必死に彼らのモノマネをしていました。

 

そして、最近はあまり英語に触れておらず、日本人のお客様(生徒さん)と触れることが多いことから、ややカタカナ気味に英語を話してしまう癖がついてしまいました(ですから、たまにネイティブと話す時は、事前に強めに「英語スイッチ」を入れるようにしています)。

 

そうです。
人間ってやはり環境に強く影響を受けるのです。

 

であれば、答えは簡単。
自分を英語環境に置けば良いのです。
そうすれば、きっと脳が勝手に反応してくれます。

 

とにかく大量に集中して聞いてみましょう。
そうすれば、ネイティブが「カタカナ英語」を話していないことなんてすぐに分かります。
あとはモノマネするだけです。

 

モノマネこそ発音学習の王道です。

 

と、私は信じています。。。

 

 

最後に、私のレッスンでよくある風景。

 

一緒にアメリカ人の音源を聞く

 

お客様(生徒さん)がモノマネする

 

私から質問「本当にそう聞こえますか?」

 

お客さま「えっ?」

 

私:もう一度聞いてみましょう

 

私:◯◯◯と言ってますよね。

 

お客様:あっ、確かに!そう言ってますね。

 

私:じゃ、それモノマネしてみましょう。

 

お客様が何度かトライ。

 

Very very well done!! (よくできました!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数