ブログ

私のフィリピン留学体験談(4) フィリンターの授業 2008年8月2016年7月3日

 

さて ようやく授業の内容まで到達できました

 

私が取ったコースは1日6コマ

 

マンツーマン 4コマ (フィリピン人講師3 アメリカ人講師1)
グループ           2コマ    (フィリピン人講師1 カナダ人講師1)

 

 

 

まずはマンツーマン
4人のうち 3人についてははっきり覚えています

 

 

1人目は中国系のフィリピン人女性

しっかりとテキストに沿って 授業を進めます
授業の内容は 慣用表現 イディオム

フリー・トークはあまり訓練にはならないので この点は素晴らしいと思いました

しかし 何となく受験勉強の延長のようなイメージでした
市販のテキストなら 自分で勉強できますし

そして この講師とは私の不用意な一言を機に 関係が険悪に…

その一言とは

 

 

僕 中国嫌いなんだよね

 

 

私は勿論知らなかったのですが 彼女は中国系の家系の出だったのです

いまとなっては フィリピンに中国系の人が多いことなど常識中の常識なのですが

当時は知りませんでした

やはり言語だけではなく その地の文化を理解しないと駄目なんだと
痛感させられた出来事として 鮮明に覚えています

 

 

 

次にリーディング
以前アメリカに住んでいたというフィリピン人女性

 

アクセントは フィリピン・アクセントでした(笑)

こちらも テキストに沿って授業を進めます
授業中 何度も何度も 欠伸する講師でした
ハイ あくび以外 印象に残っていません

 

 

最後は アメリカ人男性 ヘンリーとのマンツーマン
私の記憶が正しければ 彼は50代半ば

勤めていたIBMを アーリー・リタイアメントしてセブへ
そしてフィリピン人女性と再婚

という経歴なので 彼とはビジネスのハナシで盛り上がったのを覚えています
「日本人とアメリカ人の フィー・ビジネスに対する考え方の違い」
についての議論とか いまでも覚えています

 

当時から「社会人経験豊富なネイティブ講師」が 私には肌が合っていました

やはり英語は言葉 言葉はツール

重要なのは 「何を話すか」なんです

 

 

さて ここで一つ疑問が

なぜ 高給であるはずのアメリカ人が グループではなくマンツーマンなのか?

後から聞いた話ですが 当初はグループ・レッスンを担当していたのですが
全然人気がなかったそうなのです

色々と理由は考えられますが…それは憶測に過ぎないのでここでは割愛します

 

ただ一点 はっきり言えることは

 

 

必ずしも 「ネイティブ=良い講師」 ではないということですね

 

 

最後にヘンリーの名誉のために一言

彼は私にとっては非常に良い講師でした!

 

 

私が日本に帰国後 彼から届いたメール

 

Hello KG,

I’m so happy to hear from you. I’m sorry to reply you so late. I’ve been very busy because I had family come in from San Francisco and of course, since I live here, I’m expected to take responsibility for them and tasked with bringing them around Cebu.
I appreciated the opportunity to teach an advance student such as yourself. I hope I can again teach you, if and when you return to Cebu. I also will look forward to the possibility that we may have some time to further explore the nightlife here without restrictions.
Until then, Please take care and improve your English.

Your American Friend,

Henry

 

 

 

次はグループ・レッスン

朝の一限目は フィリピン人女性講師のディスカッションの授業でした

これは楽しかったです

非常に明るくて ファシリテーションも上手な講師でした

ただ 他の韓国人学生があまり英語を話せず
学生間での議論が盛り上がらなかったのは少し残念でした

最終日に韓国人の一人から

I admire you. と言われたのを覚えています

 

 

 

最後にカナダ人講師のグループ・レッスン

「一番レベルの高い学生がいるクラス」とのことでしたが…

一人 英語の教師をしているという韓国人の方が上手でした

それ以外は あまり印象に残っていません

 

 

 

以上が 2008年8月に私がフィリンターで受けた授業の感想です

授業の内容や講師に対する 気持ちや評価が分かれるのは当然のことでしょう

しかし 全体としては大満足の1週間でした

英語の学習という点でも 1週間であっても十分得るものはあったと思います

 

ですから 私はその後リピーターになってしまったのです…

 

 

最後にこんなビデオ見つけました
昔のフィリンターです

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数