ブログ

フィリピン留学初 「専属コーチ付き」コース開設の真意2016年11月2日

 

昨日「専属コーチ付き実践英語コース」のモニター生を募集したところ、想像以上の反響を頂いております。もちろん、4週間で99,800円という価格が魅力的だったのかと思いますが、このコースには私たちの深い想いが込められているので、一度しっかりご説明しておきたいと思います。

 

 

 

どうしたら、当校のお客様の英語力を向上させることができるか?

 

 

 

私たちは日々こればかり考えています(ホントです)。そして、ある日私の頭にふと浮かんだのが、あのライザップなのです。

 

私の知人に、世界選手権に出場するほどの筋金入りのトライアスロン選手がいます。以前、彼とその奥様と会食した際に、日々の自己管理やトレーニングについてのお話を聞く機会がありました。イタく刺激を受け、私もいまでは10キロを週3回走るようになったのですが、一番印象に残ったのがトレーナーさんの存在。まあ、コーチと言い換えても良いでしょう。一言で言えば、「コーチの存在があるからキツい(そして正しい)トレーニングにも耐えられる」というのが私の理解でした(間違っていたらスミマセン)。一方、以前セブで知り合った20代インスタグラマー女子Sリン。彼女も、トレーナーのおかげで無事ダイエットを成功できたとのこと。興味があったので詳細を聞いてみると、やはり全ての食事についてトレーナーに報告し、日々アドバイスや励ましを受けていたとのことなのです。

 

 

 

 

コーチとの2人3脚

 

 

 

 

これ、間違いなく成功法則なんだと思います。あのライザップの成功率の高さも、トレーニング方法や栄養管理のノウハウではなく、「トレーナー」の存在なのです(間違いない!)。

 

 

 

ですから、これを英語学習に導入することにしました(シンプル)。

 

 

 

私はマネジメント経験も豊富にあると自負していますが、「英語学習のコーチ」は初めてなので、4週間で99,800円という価格設定にしました。未経験者があまり多く頂く訳にはいきません。二人のモニターさんと一緒に学習したいと思っています。それでも、私は基本独学で相応の英語力まで自分を持っていった経験と実績があります。それを、分かりやすく伝えるスキルもあると自負しています。そして、生活面においては「親切心の塊Hiro」が徹底サポートをさせて頂きます。

 

セブ英語倶楽部は、“非スパルタ宣言”をしている自由な学校です。門限もありません。授業も1日最大5コマまで。自習をするかしないかも、自由裁量です。このような方針を取る理由は、「あまり詰め込みすぎると英語が嫌いになってしまう」という懸念があるからです。そして、「やらされる」学習って、やはりあまり効果的ではないのです。

 

しかし、コーチがいればきっと違うと思うのです。パートナーって重要です。なんでもシェアするって気持ちが楽になるものです。ライザップで、最後の1回のベンチプレスを上げられるのはコーチがいるからだそうです。そんなコーチになりたいと思っています。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数