ブログ

フィリピン留学の疑問に答える(2)日本人にとって、なぜセブ島が語学留学に最適な場所なのか?2017年3月27日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

理由は多々ありますが、まず「フィリピン留学」の優位性を3つ挙げさせて頂きます。

(1)欧米留学に比べて、コストが格段に安いこと

1週間の留学費用が、8万円以下(航空券代を除く全ての費用含む、当校の場合)。
4週間の場合は、割安となり約20万円(同上)。
この料金で、1日5時間のレッスンと宿泊代&1日3食が付いてきます。

更には、格安航空会社のバニラエアーが成田セブ間の直行便運行を始めたので、益々フィリピン留学は安くなります

(2)マンツーマン授業が中心であること

欧米留学の場合はグループ授業が中心です。中には、教師1名に対し生徒15人という学校まであります。これでは、発言の機会はほとんどありません。これこそが、留学経験者なのに実は英語があまり話せない人が多い理由なのです。

一方で、フィリピン留学の場合はマンツーマン授業が主体です。話す機会だらけです。また、「人前で英語を話すのは恥ずかしい」という方にとっても、先生と1対1なので思う存分スピーキングの練習ができます。

(3)フィリピン人の英語こそ英語初級者には最適であること

フィリピン人の英語は、アメリカ人やイギリス人の英語に比べて聴き取り易いのです。これは、発音もそうですが、発声の方法の違いに起因します。フィリピン人の発声方法は日本人のそれと近いので、日本人の耳に優しいのです。おそらく、英語初級者の方がアメリカ人の授業を受けてもほとんど理解できないと思います。それでは、「分からない→つまらない→勉強しない」という負のスパイラルに陥ってしまうことでしょう。その点、フィリピン人なら安心です。また、フィリピン人の話す英語は世界中で通じる英語ですので、ネイティブとの多少の違いはあっても心配には及びません。

更に、小柄で陽気でフレンドリーなフィリピン人は、スピーキング練習の格好のパートナーです。体が大きくて、鼻が高くてホリの深い顔の欧米人と話す時に感じる「緊張感」や「居心地の悪さ」は微塵も感じられません。

 

 

次に、フィリピンの中でもなぜセブなのか?

(1)比較的治安が良いこと

日本と比べてはいけません。しかし、セブでは最低限の注意を払っていれば危ない目に遭うことはまずありません。実際に、私はセブに3年住んでいますが一度もトラブルに巻き込まれたことはありません。

私の経験上、マニラへの留学はオススメしません。アジアで一番危険な都市です(あくまでも私の主観ですが笑)。

(2)日本の主要都市から直行便が飛んでおりアクセスが良いこと

フィリピンの首都マニラ以外で、日本から直行便が飛んでいるのはセブだけです。お昼の便に乗れば夕方にはセブに到着し、当日夜からセブを楽しむことができます。

セブの次に英語学校が集まるクラークという都市がありますが、ここはマニラ空港から車で約3時間もかかります。同様に学校が多いバギオに至ってはマニラから6時間です。貴重な時間を移動時間に費やすのは勿体ないことです。

(3)アジア有数のリゾート地であること

英語の勉強は、慣れるまでは思った以上に疲れます。週末はしっかりリフレッシュするのも英語学習のためには必要です。むしろ効果的です。セブなら美しい海もすぐそばにあります。ダイバーにとっては、セブは聖地です。前述のマニラ・クラーク・バギオといった場所ではそういうワケにはいきません。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数