ブログ

フィリピン留学の疑問に答える(1)日本人ばかりだと、結局日本語での会話になってしまいませんか?2017年3月26日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

セブに留学に来られると日本人の多さに驚きます。中には留学生が100%日本人の学校もあります。そして、セブ英語倶楽部もその中の一つ、日本人特化の学校です。こうなると、当然一つの疑問が浮かびます。

 

 

日本人ばかりだと、結局日本語での会話になってしまいませんか?

そんな環境で英語は上達するのですか?

 

 

はい、仰る通りです!!

しかし、こう考えてみて下さい。例えば、1日5時間のレッスンに5時間の自習、計10時間の勉強。これでは足りないという方は、日本人のいない学校に行かれることをご検討されては如何でしょうか?

予習・復習無くして上達はありえません。セブ英語倶楽部では「自習時間>=レッスン時間」をオススメしています。1日10時間もやれば十分です。

 

更に言えば、例えばお互い英語初心者の日本人と台湾人が英語で話しても、英語学習としては効果的ではありません。それは、限られたボキャブラリーや表現をただ繰り返しているだけだからです。辛口でスミマセン!でも、私から見るとそう聞こえるのです。何事も「自分を超えること」で成長するのです。成人男性が、毎日1キロのバーベルで筋トレしても筋肉は成長しません。それと同じです。

 

誤解なきようお願いします。私は外国人の友達をつくることを否定しているのではありません。それは素晴らしいことです。セブ留学で得られる最大の財産と言ってもいいかもしれません。ですから、「外国人の友人を作る」ことが優先の方は多国籍の学校に行った方が良いと思います。一方で、英語の上達が目的の方は、英語学習に集中できる環境を提供してくれる日本人経営の学校も視野に入れてみて下さい。そして、英語学習者の先輩として一言(偉そう、スミマセン!)。

 

 

外国人の友人なんて、英語が話せればいくらでも作れます!

 

 

もちろん、英語を話すだけでは友達はできませんが、日本人の友達がいる方なら簡単に作れるでしょう。ということは、やはり誰でも作れるということですね。そして、お互い英語を話せばお互いを深く理解することができます。より深い繋がりを得ることができます。ですから、まずは英語学習に集中してみては如何でしょうか?英語学習に集中できる環境。日本人を理解してくれる講師&学校スタッフ。そして、お互い切磋琢磨し合える日本人のクラスメート。初心者の方は、まずはここからスタートで良いと思います。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数