ブログ

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(6)~オススメホテル『ベッド・バイ・シティ』への行き方~2017年11月6日

40歳でサラリーマンを辞め、英語力ゼロでセブへ。セブ留学後、セブで起業しMacbook一台で稼ぐ自由な南国ノマドへ転身。その後、日本人講師KGとセブ英語倶楽部を立ち上げ、セブでの経験を生かし誠心誠意サポートしています。

 

タイ・バンコク英語留学(短期)の記事も今回で6回目。

過去の記事をまだの方は下記からどうぞ!

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(1)~費用はいくら?~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(2)~費用はいくら?航空券編~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(3)~ベトナム航空(VN311)ハノイ経由はどんな感じ?~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(4)~ベトナム航空(VN311)ハノイ経由はどんな感じ?Part.2~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(5)~スワンナプーム空港から市内(中心地)への行き方~

 

前回の5回目では、バンコクの玄関口、スワンナプーム空港での両替、SIMカードの購入、セブ英語倶楽部が提携しているバンコクの英語学校『International House』の最寄駅、BTSの『サラデーン(Sala Daeng)』駅までの行き方をお伝えしました!

 

今回は『International House』へ通う際のオススメホテル『ベッド・バイ・シティ』までの行き方をお伝えします!

バンコク留学 学校から徒歩10分の快適な格安ホテル『ベッド・バイ・シティ・ホテル』

 

『バッド・バイ・シティ』の最寄駅はMRT(地下鉄)の『サムヤン(Sam Yan)』駅。

まずはその『サムヤン(Sam Yan)』駅を目指します!

 

 

スワンナプーム空港で『エアポートリンンク』に乗ったら

 

 

 

5つめの駅、『マッカサン(Makkasan)』駅で下車。

ここでMRT(地下鉄)に乗り換えます。

 

改札を出たらMRT(地下鉄)の『ペチャブリー(Phetchaburi)』駅を目指します!

 

スカイウォーク(陸橋)になっており、さらには案内板も適度にあったり、たくさんの人が乗り換えているので、初バンコクの人でも人の流れですぐに分かります!

 

 

 

 

 

 

案内板に従いどんどん進みます。

 

途中、バンコクらしい渋滞の風景を眺めながらも

 

 

 

 

さらにどんどんん進みます。

 

 

 

2~3分スカイウォークを歩くとMRT(地下鉄)の駅へ向かう下りエスカレーターが出てきます。

 

降りていくと切符売り場があるので切符を買います。

 

 

MRT(地下鉄)も『エアポートリンク』と同じコイン型の切符です。

 

コイン型の切符を改札にかざし改札を通り

 

 

『Hua Lamphong(フアランポーン)』駅方向の電車に乗ります。

目指す『サムヤン(Sam Yan)』駅は、終点『Hua Lamphong(フアランポーン)』駅の1つ手前の駅。

 

電車を『サムヤン(Sam Yan)』駅で降りたら①番出口から地上へ出ます。

 

降りて正面は大通り。まずは左方向へ。

 

 

 

左側へ進むとお寺のような目立つ建物があります。

 

お寺を過ぎると、左へ入る小道があるので曲がります。

 

小道はめっちゃローカルの道ですが恐がらずどんどん進みます。

 

 

道なりにどんどん進みます。

 

初めて行く人は見逃して過ぎてしまうかもしれませんが、ココで左に曲がるとめっちゃ近道です。(ホテルの方から逆方向で1度来ると分かりやすいです。)

 

ココです!!

 

近道を曲がるとさらにローカル感が増します(笑)

 

ここでも恐がらずにどんどん進んで行き突き当たったら右方向へ。

 

 

 

あとは道なりに左方向に行くと

 

オススメホテル『ベッド・バイ・シティ』が見えてきます!

 

 

あとは、入口を入って『ニコっ!』とすれば大丈夫!!

 

『サムヤン(Sam Yan)』駅の①番出口から約5分ぐらいで到着します!(慣れればもう少し早く移動できます。)

 

 

それでは、先ほどの『ココ』というポイントで左に曲がれずにそのまま真っ直ぐ進んでしまった人は(初めての人にはこちらの方が分かりやすいかもしれません。)

 

真っ直ぐ進んで行くと車の通りが多い大きめの道路に出ますので、ここを左に曲がり歩道を進みます。

 

こんな名前の通りです。

 

コンドミニアム?を過ぎ

 

歩道が狭いのに障害物があるので気をつけて(笑)

 

しばらくすると『ベッド・バイ・シティ』の標識が出てきます!(とても親切!!)

 

さらに進むと再び『ベッド・バイ・シティ』の標識があり、標識に従って左に入って行きます。

 

 

あとは真っ直ぐ進んで行くと

 

右側に『ベッド・バイ・シティ』が出てきますので

 

入口を入って『ニコっ!』とすれば大丈夫です!!

 

 

グーグルマップでは近道のルートは出ないのですがイメージはつくかなと思います。

 

タイに行くときはスマートフォンをSIMフリーにして空港でSIMカードを購入してから行動しましょう!グーグルマップが使えれば、『サムヤン(Sam Yan)』駅の①番出口からすぐに到着します!

 

次回は、提携英会話学校『International House(インターナショナルハウス)』から『ベッド・バイ・シティ』への行き方をお伝えします!

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(7)~提携英会話学校『International House(インターナショナルハウス)』から『ベッド・バイ・シティ』への行き方~

 

 

当校のLINEにお友達登録していただければ、留学についての質問はもちろん

セブについての質問も受け付けております!

 

セブ旅行・セブ移住・セブビジネス・南国ノマドについてのご質問もお気軽に下記LINEからどうぞ!

 

友だち追加数

 

※PCの方は『@pzk1123u』で検索して下さい

————————————————————–

  • Instagram
  • 友だち追加数