ブログ

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(5)~スワンナプーム空港から市内(中心地)への行き方~2017年10月25日

40歳でサラリーマンを辞め、英語力ゼロでセブへ。セブ留学後、セブで起業しMacbook一台で稼ぐ自由な南国ノマドへ転身。その後、日本人講師KGとセブ英語倶楽部を立ち上げ、セブでの経験を生かし誠心誠意サポートしています。

 

成田を出発して約10時間掛けようやく到着したバンコク・スワンナプーム空港!

タイ文字を見ただけでワクワクしてしまった私(笑)

 

バンコク英語留学についての過去記事がまだの方は、こちらも併せてどうぞ!

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(1)~費用はいくら?~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(2)~費用はいくら?航空券編~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(3)~ベトナム航空(VN311)ハノイ経由はどんな感じ?~

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(4)~ベトナム航空(VN311)ハノイ経由はどんな感じ?Part.2~

 

バンコク、スワンナプーム空港に到着すてまずやることは、WiFi接続!

 

空港のフリーWiFiを選び

 

指示された個人情報を入力して

ボラン?(笑)

ボタンを押して接続スタート!

 

接続完了!

はい、簡単に接続ができます!!

本当にどこにいてもインターネットにアクセスできて便利な時代になりました。

 

 

受託荷物を受け取ったら出口から外へ。

 

空港を出たらまずやらなければいけないこと、それは両替とSIMカードの購入。

この2つさえ済ませれば、知らないところに行っても何とかなります!

 

 

出口を出るとたくさんの両替所があります。

スワンナプーム空港内は協定があり、どこで両替してもレートは一緒です!

ただ、空港内はレートが悪いので、このスワンナプーム空港に関しては空港内で両替してはいけません!(詳しくは後半で!)

 

ということで、まずはSIMカードの購入!

(私は今回、タイバーツを持っていたので両替前に購入できましたが、バーツを持っていない人は、まずはバーツに両替するのが先ですね。)

日本やフィリピン同様にタイにもモバイル回線の会社が何社かあります。

私は、日本に一時帰国する際にもお世話になっている『AIS』のSIMを、タイ滞在中はいつも使っています!

 

プランはいくつかあるようですが、『AIS』一押しのツーリスト向けのSIMを購入。

 

8日間で10.5GB使用できるプランで299バーツ(約1,000円)。

 

お金を払い、スタッフにスマホを渡すとその場で設定してもらえ、即、使用可能となります!

いやぁ、本当に便利!みなさんもぜひスマホをSIMフリーにしましょうね!!

 

無事にSIMカードが購入できたら、次はバーツへの両替です!

先ほどもお伝えしましたが、空港内でバーツへの両替はしてはいけません!!

 

では、一体どこでバーツへ両替するのか??

 

とりえず、市内(中心地)へ移動するために乗る『エアポートリンク』の駅を目指し地下へ移動します!

 

 

案内板に従ってエスカレーターをどんどん降りて地下へ向かいます。

 

地下に到着したら駅の方へ!

 

駅の方へ進んで行くと…

 

何とスワンナプーム空港のレートの良い両替所は、この『エアポートリンク』の駅にあるのです。厳密に言うと空港内の敷地ではなく、空港外になるのでレートが良くなります。(街中のレートと一緒です!)

空港内ではどうしても協定があるため、悪いレートで統一されてしまっているのです…

 

この『エアポートリンク』の駅にはいくつかの両替所があります。

 

 

『エアポートリンク』の改札に向かって左側を歩いて行くと、改札の裏側に両替所が固まってあります。

たくさんの旅行者たちで賑わっております!!

 

 

それでは、各両替所のレートをチェックしてみましょう!

 

バンコク市内にもたくさんの支店があり、レートが良いことで有名な『SuperRich』

 

1円=0.2945バーツ(街中のレートと一緒です!)

 

 

この『SuperRich』は改札内にも両替所があり、レートも一緒です。

もしエアポートリンクの切符を買うバーツ(50バーツぐらい)を持っている人は、改札内での両替が空いているのでオススメです!

この時も改札の外の両替所はどこもお客さんがいましたが、改札内のこの『SuperRich』は誰もいませんでした…

ちなみに改札内にはこの『SuperRich』しか両替所はありませんので、『SuperRich』の影響力ってスゴイです。

 

旅行者はみなさん、エアポートリンクの切符を買うバーツを持っていないので穴場ですね!

 

 

こちらの両替所は

 

1円=0.2940バーツ

 

こちらの両替所では

 

1円=0.2945バーツ

 

 

この時、一番行列ができていたこちらの両替所は

 

1円=0.2935バーツ

 

行列ができている割には日本円のレートは他の両替所に比べて悪いです(笑)

 

なぜ、これだけ行列ができているか??

 

それは、米ドルのレートが他よりもほんの少し良いです!ほんの少しですが。

 

1ドル=33.09バーツ ※他の両替所は1ドル=33.07バーツ

 

1万円分両替しても10円も変わらない差ですが、これだけの行列ができるので両替に関してはみんなシビアですよね(笑)

 

 

基本的にはどの両替所も日本円→バーツのレートは変わりませんので、空いている両替所で両替しましょう!

 

個人的なオススメは『SuperRich』です!!

 

 

ちなみに空港内の両替所は

 

1円=0.2703バーツ

 

かなりレートが悪いです(泣)

空港内で10,000円両替すると、空港外で両替するよりも約800円(約250バーツ)も損をしてしまいますので、よほどの事情がない限り、この『エアポートリンク』の駅にある両替所で両替をしましょう!!

 

 

両替が終わったら、『エアポートリンク』へ乗るために切符を買います。

 

自動販売機があるので

 

まずは行き先を選びます!

 

市内(中心地)に出るには、この『エアポートリンク』で『マッカサン(Makkasan)』駅か

 

『パヤタイ(Phaya Thai)』駅に出て『BTS』に乗り換える必要があります!

 

[pdf-embedder url=”http://cebuec.com/wp-content/uploads/2017/10/bangkok_city_route_map_2011.pdf”]

こちらは、バンコク市内(中心地)の路線図となりますので、ご自分のホテルの最寄駅を調べてくださいね!

 

今回は『パヤタイ(Phaya Thai)』駅に出て『BTS』に乗り換え、セブ英語倶楽部が提携している英語学校『インターナショナルハウス(International House)』がある『サラデーン(Sala Daeng)』駅で降り、オススメ格安ホテル『ベッド バイ シティ』まで行く道のり。

 

まずは、『エアポートリンク』の『パヤタイ(Phaya Thai)』駅までの切符を購入。

切符と言っても日本のように紙ではなく、プラスチックのコインのような物です。

 

読み取り場所にタッチして改札を通ります。

 

フィリピン同様、ゆるいセキュリティーチェックを通りホームへ。

 

 

電車が来たら乗り込み、終点『パヤタイ(Phaya Thai)』駅を目指します。

 

空港からの移動は、ほとんどの人がこの『エアポートリンク』を使うので意外と混雑しています。

 

約30分ぐらいで『パヤタイ(Phaya Thai)』駅に到着。

 

改札を出ると乗り換えたい『BTS』の『パヤタイ(Phaya Thai)』駅への案内表示がありますので、それに従って進みます。

 

案内に従い下へ。

 

ちょっと怪しい案内にも従い(笑)

 

どんどん進みます!

 

しばらくすると駅っぽい感じになってきて

 

確信できる案内表示の先に

 

『BTS』の『パヤタイ(Phaya Thai)』駅はありました。

 

『サラデーン(Sala Daeng)』駅までの切符を自動販売機で購入。(30バーツ)

 

初めてのタイで購入方法が分からない場合は、駅の窓口で駅名を伝えると直接購入もできます。

 

ちなみに、『サラデーン(Sala Daeng)』駅は、『パヤタイ(Phaya Thai)』から2つ目の『Siam(サイアム)』駅で違う路線に乗り換えて2つ目の駅になります。

 

初めての人には少々分かりにくいかもしれませんが、現場に行けば電車に乗り慣れている日本人にとって、切符の購入や乗り換えは難しくありません!

 

『エアポートリンク』とは違い『BTS』の切符はテレカ(死後?笑)のような磁気カード。

 

カードに書いてある矢印の方向で改札に挿入すると通れます。

 

ホームで電車を待ち

 

電車に乗って途中、『サイアム(Siam)』での乗り換えを経て10分ぐらいで

 

目的の『サラデーン(Sala Daeng)』駅に到着!!

 

 

①番出口を降りると

 

『ケンタッキー(KFC)』があり

 

その上(7階)にセブ英語倶楽部が提携している『インターナショナルハウス(International House)』はあります!

 

 

電車に乗り慣れている日本人なら簡単に乗りこなせます!

 

『BTS』と『MRT』を乗りこなしてバンコクを快適に楽しみましょう!!

 

ちなみにセブ英語倶楽部オススメの格安ホテル『ベッド バイ シティ』の最寄駅は、地下鉄『MRT』の『サムヤーン(Sam yan)』駅です!

 

『ベッド バイ シティ』についてはKGのこちらのレビューも併せてチェックしてみてください!

バンコク留学 学校から徒歩10分の快適な格安ホテル『ベッド・バイ・シティ・ホテル』

 

次回は、『ベッド バイ シティ』の最寄駅、地下鉄『MRT』の『サムヤーン(Sam yan)』駅からホテルまでの行き方をお送り致します!

タイ・バンコク英語留学(短期)に行きます(6)~オススメホテル『ベッド・バイ・シティ』への行き方~

 

 

 

 

 

当校のLINEにお友達登録していただければ、留学についての質問はもちろん

セブについての質問も受け付けております!

 

セブ旅行・セブ移住・セブビジネス・南国ノマドについてのご質問もお気軽に下記LINEからどうぞ!

 

友だち追加数

 

※PCの方は『@pzk1123u』で検索して下さい

————————————————————–

  • Instagram
  • 友だち追加数