ブログ

セブ英語倶楽部は停電しません!(セブ留学停電事情)2017年4月20日

40歳でサラリーマンを辞め、英語力ゼロでセブへ。セブ留学後、セブで起業しMacbook一台で稼ぐ自由な南国ノマドへ転身。その後、日本人講師KGとセブ英語倶楽部を立ち上げ、セブでの経験を生かし誠心誠意サポートしています。

 

『停電』

 

よっぽど特別な事情でもない限り日本では『停電』という言葉は聞かないかと思います。

 

今の日本で長時間の停電が起きたら軽くパニックになりますよね!?

 

 

私が初めてセブ留学に来た5年前やセブ移住をスタートさせた4年前は、月に数回は停電しておりました。(短時間の停電が多かったですが、時には半日以上の停電も…)

 

セブ留学時代には、たまたま授業がある日に長時間の停電になり(何回も)、外に出て太陽の下、授業を受けたこともありました!(まさしく青空教室ですね 笑)

 

 

照明は消え、エアコンは使えず(もちろん扇風機も)、インターネットも接続できず、そして併せて断水が起きるという日本の生活に慣れていると本当に電気のありがたみを感じられるセブでの停電。(夜間に停電が起きると大変でした…)

 

もしかしたらローカルエリアでは度々、停電が起きているのかもしれませんが、セブ英語倶楽部があり、私やKGが住むここマクタン島では、近年は停電がほとんど起きず(起きても短時間)、安定した生活が送れておりました。

 

しかしここは発展途上国フィリピン。

そう、まだまだ電気、道路、上下水道などの公共インフラがしっかりしていない国。

 

先週、先々週と電力会社のメンテナンス作業のため、計画的な大規模、長時間の停電がここマクタン島で行われました。

※このような重要なお知らせも、セブではFacebook上で行われます(笑)

 

先週の土曜日、セブ英語倶楽部があるマクタン島全体が昼間、長時間の停電となりました。

※それまでは日本に一時帰国したいたので体験はしていませんが、KG、お客さんに聞いたところ『エースペンション』は停電しなかったとのこと。

 

近くにあるカフェやスターバックスでは、普段はほとんど見かけない日本人留学生が勉強している姿を多く見かけました。(ショッピングモールなどは自前で発電機を持っており、周辺が停電しても自前で発電できます。)

 

そんな中、セブ英語倶楽部の教室、客室がある『エースペンションホテル』も立派な自家発電機を持っており、先々週、先週と続いたマクタン島の停電期間でもこの発電機が大活躍し、ホテル内は停電することなく、通常通りの授業、留学生活を送ることができました。(本当にありがたいことです。)

▲本邦初公開、エースペンションの発電機。

 

私は発電機についてはど素人ですが、詳しい日本人に聞いたところ、この発電機かなりのパワーを持っているとのこと。

 

ホテル丸々一棟分の電気を賄うのですから相当な発電量が必要ですよね!?

宿泊客やテナントは停電など関係なく、いつも通り電気を使用しますので…

 

今回の大規模な停電は週末に行われたので、他の英会話学校でも平日の授業には影響がほとんどなかったと思いますが、日本と違いまだまだ脆弱なインフラ環境であるセブ。予告なくいつ大規模な停電が起こってもおかしくない状況にあります。

 

 

快適な留学生活を送りたい方は、学校選びの際に『自家発電機』の有無も確認すると良いかと思います。(万が一のことを考えて。)

 

 

今日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

 

 


 

 

当校のLINEにお友達登録していただければ、留学についての質問はもちろん

セブについての質問も受け付けております!

 

セブ旅行・セブ移住・セブビジネス・南国ノマドについてのご質問もお気軽に下記LINEからどうぞ!

 

友だち追加数

 

※PCの方は『@pzk1123u』で検索して下さい

————————————————————–

  • Instagram
  • 友だち追加数