ブログ

セブ留学初! IELTSライティング特訓講座2018年7月2日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

この記事は、イギリス大学/大学院等への留学や他の目的のために、切実にIELTSのスコアアップを目指したい方向けに書きます。

 

欧米の大学/大学院留学に必要な IELTSスコア

 

一部の超有名&ブランド校(オックスフォードやケンブリッジ)では、Overall7.5(満点9.0)が要求されますが、これはほぼ化け物の域です。学費も、1年の学費が日本人のサラリーマンの平均給料を上回るレベルなので、普通の人では行けません。ということで、ここでは除外して考えます。

*なんとオックスフォードのMBAは1年の学費が約830万円/ 55,000ポンドです(驚)。

 

上記のような特殊な学校を除いた場合、Overall7.0あればどこにでも出願できます。Overall6.5でも合格できる学校は多くあります(ちなみに私の卒業したSouthampton MBAの要求レベルはOverall6.5。しかし、ReadingとWritingは6.5以上という縛りがあります)。

 

リスニングとリーディングは独学で十分に7.0まで持っていけます。しかし、日本人の場合、足を引っ張るのがライティングとスピーキングなのです。そして、ライティングには「最低6.5/ 6.0」というような条件が付けられることも少なくありません。

 

そこで、仮に下記のようなスコアを設定します。

 

Overall: 7.0

・Listening 7.0

・Reading 7.0

・Writing 6.5

・Speaking 6.5

 

このスコアなら、ほぼどの大学でも足切りを食らうことはありません。

ということで、この記事で提案するコースでは、ライティングとスピーキングで6.5を取ることをゴールとします。

 

もちろん、現時点のスコアから、上記のスコア獲得には時間を要する方もおられるでしょう。しかし、私がここで申し上げたいのは「6.5を取るために必要なスキル&知識は十分に教えることができる」という私の自信です。

 

 

なぜ、IELTS講座を始めるのか?

 

正直に書きます。実は2018年の3月にIELTSを学びたいというNさんという生徒さんが2週間セブ英語倶楽部に来られました。Nさんは、すでにOverall 6.0を持つ英語中級者でした。

 

私はNさんからの申し込みがあってから、自分自身が最後にIELTSを受けた2012年の8月以降、初めてIELTSの問題に目を通しました。約6年ぶりのことです。そして、もう5年前のこととはいえ一応、英国MBAを卒業した私には、IELTSのライティングをどう書けば良いか、がはっきりと見えたのです。当時、毎週のように数千字のエッセイと格闘していたことに比べれば、Task2ですら250文字のIELTSのライティングはそれほど難しくはありません。

*時間制限がなければ、最低でも8.0以上はいつでも書けると思います。まあ、IELTSは「時間との戦い」が大変なのですが。。。

 

ということで、それ以降幾つかのウェブサイトや模範解答を分析し、セブ英語倶楽部のオリジナル・テキストを完成させました。

 

そこには、私が発見したIELTSライティングのコツが詰まっています。私はそれをIELTS力と呼んでいます。IELTSで高得点を取るには、英語力のみならずIELTS力が必要なのです。

 

私がレッスンで教えることの例のとしては、

・字数は何文字書けば良いのか?多ければ点数は伸びるのか?

・段落はいくつがベストなのか?

・各段落、どのようなセンテンスを、何センテンス盛り込めば良いのか?

・To what extent do you agree or disagree?への答え方

 

まあ、こんな感じです。

 

 

コース概要

 

1日4コマ

・ライティング Task1:日本人講師

・ライティング Task2:日本人講師

・スピーキング Part1:フィリピン人講師

・スピーキング Part2:フィリピン人講師

 

予習復習がとりわけ重要なコースなので、レッスンは1日4コマまでとします(1コマ50分)。

 

ライティングでは、IELTS力を伝授する共に、実際にエッセイを書いて頂いた上で、添削・書き直しまでのサイクルをこなして頂きます。添削は、当然私KGが行います。

 

スピーキングでは、IELTSの過去問を使った演習を行います。スピーキングにもある程度のコツはあり、それは日本人講師から説明しますが、目標6.5レベルであれば、「慣れること」と「話し続けること」で十分到達可能です。まあ、詳細はセブに来られてから。。。

 

 

料金

 

1週間 84,000円

2週間 161,000円

3週間 214,000円

4週間 275,000円

 

※全て1人部屋の料金です(授業料、宿泊費、食事代込み)。

※上記コース料金以外に、入学金15,000円とSSP費用10,500円がかかります。  

 

 

特徴

 

もう一度書きますね。IELTS経験者の日本人講師が日本語で「論理的に」説明します。

 

 

免責事項

 

このコースのターゲット・スコアは上記の通りです。私はネイティブではないので、細かい文法の間違いや誤った単語の使い方をすることもあります。それでも、ターゲット・スコア到達には全く問題ありません(私は留学前の時点で、ライティング7.5を取得してます)。極端な話、多少のミスがあっても9.0の満点は出ます。

 

逆にネイティブでも、アカデミック・ライティングを知らなければ、6.5を取れない人はたくさんいると思います。何度も書きますね、IELTSのライティングには書き方があるのです。

 

 

 

興味がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

今後は、IELTSコースに本気で取り組みたいと思っています。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

 

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

関連記事:

  • Instagram
  • 友だち追加数