ブログ

セブ留学の次はタイ!タイの京都「チェンマイ」英語留学2017年7月7日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

先日ご報告の通り、セブ英語倶楽部はタイのバンコクにある英語学校と業務提携をしました。

詳細はこちらの記事をご参照下さい → バンコク留学のススメ

 

そして、その英語学校には「タイの古都」チェンマイに姉妹校があるということで、わたくし日本人講師KGが実際にその学校を訪問してきました。そして、まず結論から。どのような人がチェンマイ留学に向いているか?それは、

 

 

徹底的に自分を追い込んで英語を勉強したい方

 

 

理由はというと、

 

・学校はチェンマイの中心地から車で30分程の超ど田舎にある
・最寄りのスーパー(セブンイレブン)まで徒歩20分
・学内にレストランはあるが、アルコールは無し
・日本人はほぼゼロ
・生徒の大半はネイティブ・スピーカー(英語講師養成コースがメインのため)

 

要は、

 

物理的に現世と隔絶されており、話したくても日本語を話す相手がいない環境

 

そうです。
勉強以外、やることがないのです。
英語(とタイ語)以外、話せる言語がないのです。

自分を追い込みたいどドMの英語学習者には本当に最適でしょう。
日本人クラスメートが多い欧米の英語学校に行くよりもよっぽどタフだと思います。

 

 

さて、まずはチェンマイについて。

 

 

首都バンコクから飛行機で約1時間。タイの北部にあり気温もやや低め。

タイ人の避暑地としても有名で、なんとなく軽井沢のようなイメージです。

大変美しい都市です。

 

 

次に学校案内。

教室

 

丸いピンが押してある場所がこれまで来た生徒の出身地
ヨーロッパが多いですね(それとアメリカ)

 

宿泊施設
この学校は、学校・宿舎・食堂が同じ敷地内にあります。

 

部屋内部

ベランダからの眺め

清潔なバスルーム

エアコンは日本製(ダイキン)でした

 

プール

 

バドミントン場

 

バレーボール場

 

レストラン

 

訪問時にご馳走になったタイ風焼きそば(パッタイ)
美味しかったです!

 

チェンマイ校のトップであるアダム(チェコ人)と、この日ずっと私を案内してくれたタイ人スタッフのトーンと3人で記念撮影。

 

 

3人でランチをご一緒したのですが、チェコ人とタイ人と日本人が食事を共にでできるって、本当に英語の力は素晴らしいですね。ちなみに、アダムはチェコ人ですが、完璧なブリティッシュ英語でした。

 

留学料金については基本的にバンコク留学と同じなので、こちらのページをご参照下さい → バンコク留学

 

時間があれば私が通いたいくらいの素晴らしい学校です。

1日3時間のコースであれば、宿泊・3食込みで20万円を切る安さです。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数