ブログ

スタディバディ・コース モニター生の軌跡 JURA編(3)発音を制する者は英語を制する2016年11月29日

 

さて、超ウルトラスーパー初心者のJURAさん。一体どこから始めれば良いのか?そこには一切迷いの無い日本人講師&コーチKG。発音一択です!!英語には、大きく分けて「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つのスキルがありますが、本ブログでも何度も書いている通り、習得に一番時間を要するのはリスニングです(普通の日本育ちの日本人の場合)。また、どんなに話せても相手の言うことが聞き取れない限り、会話は成立しません。ですから、リスニングのトレーニングは一番に取り組むべきなのです。

 

リスニングの勉強法は色々あり、どれも基本は集中して注意深く聞くことなのですが、残念ながら自分が知らない音はなかなかキャッチできないのです。そして、英語には日本語に無い音がたくさんあります。ですから、まずは英語の基本的な発音を学習する必要があります。こうして、自分の中に正しい発音という「物差し」を構築することができれば、その物差しでもって英語の音を捕まえることができるのです。

 

最初の1週間は徹底的にやりました。

 

 L, R, THの音は勿論やりますが、これに加えて、

S, Z, V, F, B, P, T, M, Nといった子音

 

 それから、

英語に多くの種類が存在する「あ」や「お」といった母音

 

 一つ一つ口の形を作り、時には鏡を見ながら口の形を確認していきます。

 

そして音源を聴きながら、後に続いてモノマネして発音してもらいます。この際、テキストは一切見ません。テキストを見てしまうと、昔覚えたカタカナ発音が勝手に蘇ってきてしまうのです。大迷惑です。ですから、音だけに集中します。そして、聞いたままにそのまま発音していきます。慣れないと結構難しいと思います。また、英語の発音をそのまま真似るのも簡単なことではありません。では、JURAさんはどうか?

 

 

 

 

 

 

JURAの野生炸裂!!

 

 

 20160829214059ef5

 刃牙に出てくる野生児ピクル 

 

 

ウキーッ!!

 

 

 

 

フィリピン人並の耳の良さ。そして、かなり癖はあるものの、忠実に音を再現していくのです。正直驚きました。センスあります。しかし、テキストに戻り文字を読ませると完全なカタカナ英語に戻ってしまうJURAさん(二重人格?)。褒めて良いのか、叱咤すべきなのか。。。

  

次回は、文法格闘編!

 

あまりの出来なさに、日本人講師KGも匙を投げてしまう??

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数