ブログ

ここまでやる?「セブで一番親切な学校」の小さいけど譲れない10のこだわり2018年10月10日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

今日は、『セブで一番親切な学校』としての私たちのこだわりを10個ご紹介します。

 

1、空港送迎は往復無料

 

一般的には、「空港から学校までの行き」はサービスに含まれていて「学校から空港への帰り」は含まれていないというケースが多いと思います。

最近では、「行き」も無料ではなく、有料の学校が増えてきましたね。

そんな中、

 

セブ英語倶楽部は往復無料です!!

 

年々良くなってきているとはいえ、セブのタクシー事情は日本と比べるとまだまだ貧弱なのです。要は、トラブルがたまに発生してしまいます。不親切な運転手に当たったり、運転が荒かったり、料金をボラれたり、遠回りされたり。

ですから、セブ英語倶楽部では最後までできるだけ快適に過ごして頂くために、帰りの送迎も無料で提供しています。小さいことかもしれませんが、セブでタクシーに乗るって結構ストレスになりますので。

 

更には、お迎えには基本、日本人スタッフが参ります!!

 

海外旅行(留学)に不安は付き物。海外で日本人に会って安心した経験って誰もがあると思うのです。そういう意味で、お客様にはセブ到着と同時に「安心感」を感じて頂けたら嬉しく思います。

 

 

2、エアコンは静かで快適な日本製

 

実は、フィリピンのエアコンって轟音ですごくうるさいのです。しかも、細かい調節ができないので、直接体に風が当たったりして結構不快なことが多いのです。

 

2018年の今でも、セブでは一般的には轟音タイプのエアコンが多く使用されていますが、セブ英語倶楽部では日本製のエアコンを使用しています。理由はシンプル。

 

日本製のエアコンの方がお客様(生徒さん)に優しいから

 

エアコンは決して安くありません。フィリピン式のエアコンに比べて、日本製のエアコンの価格は2倍です。要はかなりのコストになるのです。それでも、セブ英語倶楽部の3台の全てのエアコンは日本製です。ダイキン2台にパナソニック1台です。

 

まあ、これは「こだわり」と言うよりは、当たり前のことをしているだけなんですけどね。

 

詳細は下記とどうぞ。

セブ英語倶楽部:日本人経営のこだわり / エアコンはダイキン!!

 

3、ウェルカム・ディナー&送別会

 

お客様が到着された夜は、学校近辺のフィリピン料理レストランに「ウェルカム・ディナー」にお連れします。

留学最終日の金曜日の夜は、在校生の皆さんと一緒に「送別会」に繰り出します。

勿論、ご希望の方だけです。

 

こうすることで、到着初日から仲間に溶け込んで頂くと共に、フィリピン文化の洗礼を浴びて頂きます(笑)。

 

セブ英語倶楽部なら「一人ぼっち」になることはありませんから、安心してお越し下さい。

勿論、「一人が好き」という方を無理やり誘うことはありませんので、この点もご安心を。

 

 

4、教室は講師が移動し、生徒さんが固定席

 

フィリピン留学では、一般的に、講師が個室または自分のデスクを持っています。そして、授業毎に生徒さんが先生の部屋を訪れます。

 

一方で、セブ英語倶楽部は真逆です。生徒さんがパーティションに囲まれた固定席に座り、授業の都度、当校講師がハローと言ってその「固定席」を訪れる形で運営しています。

 

この形にした理由は色々ありますが、一番の理由は「サービス提供者がお客様の所に行くのが当たり前」という私たちの常識感です。どう考えてもこれが当たり前だと思うのです。。

 

こうすることで、生徒さんは10分の休憩時間を有効に使えますし、講師の机が講師の私物で溢れかえっていて、生徒さんが使えるスペースが少ないというような事態(フィリピン留学あるある、ですね)も回避することができるのです。

 

 

5、初日からフル授業

 

<一般的なフィリピン留学>

留学初日の月曜日は、レベルチェックテストやオリエンテーション等が行われ、多くの学校で授業は行われません。

 

<セブ英語倶楽部>

留学初日の朝から全開です!!

留学初日という一番テンションが高い時に、授業を行わないなんて考えられません!

 

レベルチェックテスト? 事前課題(英作文)で生徒さんのレベルは大体分かります。

オリエンテーション? 空き時間に工夫してやります。

上記で問題が生じたことは一度もありません。

 

 

6、祝日も授業を行います

 

<一般的なフィリピン留学>

祝日に授業はありません。学校はお休みです。

 

<セブ英語倶楽部>

祝日も授業を行います。

但し、日本人講師によるグループ授業(1日4コマ)となります。

留学期間中、1日も無駄にして欲しくない、という思いから私が授業を提供します。

そういえば、2018年の元旦も、4コマのビジネス英語の授業をやりましたね〜

 

勿論、休みたい方は休んで頂いて結構です〜

 

 

7、備品貸し出し無料

 

セブ英語倶楽部では、下記備品の貸し出しを「無料」で行っています。

 

・自習用デスク

・椅子

・電気スタンド

・ドライヤー

・延長コード

 

ここを有料にして儲けようという気はありません。

 

 

8、コーヒー無料

 

これは小規模校だからできることですが、評判は上々です!

インスタントだけでなく、ペーパー・ドリップ式のコーヒーもあります。

教室に置いてあるので、いつでも自由にご自身で淹れて頂けます。

 

コーヒー豆は、近所のスタバやコーヒーショップで買ってくるのでご安心を!

 

グループ授業では、たまに私が生徒さん分のコーヒーを淹れて振舞ったりしてます(笑)。

コーヒーの香りが漂う教室、良くないですか?

 

そうそう、親切な生徒さんがコーヒーを寄付してくれたりするのも、嬉しいですね!

 

9、現地支払いの費用なし

 

<一般的なフィリピン留学>

結構、現地に来てからの支払いがあります。

電気代、水道代、学生証代、洗濯代、寮保証費、教科書代等

 

<セブ英語倶楽部>

スミマセン、洗濯代だけ頂きます!

それ以外は、コース料金に全て含まれています。

こう考えると、セブ英語倶楽部って実は安いんですよ(こっそりアピール)。

 

 

10、文法の授業なし

 

<一般的なフィリピン留学>

全て英語で書かれた文法の教科書を使用して、フィリピン人講師が文法を英語で説明

 

<セブ英語倶楽部>

文法の授業はありません!

はっきり言いますね、初級者が英語で文法を説明されても分かりません。

 

文法に関する質問は、全て私が日本語でお答えします。

そして、セブ英語倶楽部では文法よりも「実際に英語を使う」ことにフォーカスしてます。

 

誤解しないで下さいね、文法は大切です。

しかし、ベストな文法の勉強法は、

日本人によって日本語で書かれた参考書で独学し、分からない点があれば英語が上手な日本人に聞くことです。

 

上記をフィリピン人講師の授業が超えることは不可能です(断言)。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

 

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました!

無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  • Instagram
  • 友だち追加数