ブログ

【転校生特典】今の学校が合わなければ思い切って転校を!セブ英語倶楽部は他校からの転校生を支援します2018年12月13日

 

残念ながら、せっかく留学した学校が自分には合わないという事態は少なからず発生します。これは事実です。セブ英語倶楽部には、これまで数名の他校さんからの転校生が来られました。また、当校への転校を検討しながらも、泣く泣く転校を断念されたお客様も複数いらっしゃいます。

 

ということで、今回はセブ留学の転校について書いてみたいと思います。

 

 

1、転校したい理由

 

これまで転校生にお聞きした具体的な実例を下記に書きます。

 

・食事が合わない(そのため体調を崩した、または生活のリズムが崩れた)

・寮の部屋が過ごしにくい(冷房がない、1人部屋がない等)

・毎日の通学がしんどい(学校と寮が別の学校の場合)

・ルームメートが合わない(外国人ルームメートとの文化の違い)

・学校スタッフが不親切(要望を聞いてくれない)

・学校マネージャーのフィリピン人講師への態度が見逃せないほどに酷い

・フィリピン人の先生に、毎回自分の低い英語力をバカにされる(ため息をつかれるとか)

・フィリピン人の先生が毎回遅刻する

・フィリピン人の先生が授業に来ない(毎日、違う先生が代行する)

・文法などの「先生が生徒に教える」スタイルの授業が多く、会話をする機会が少ない

 

確かに「転校したくなるよな」という理由ばかりです。しかし、転校の相談をされても実際に転校された生徒さんは半分以下です。

 

 

2、セブ留学における転校への障害

 

一番は、学校からの返金がないこと、または返金率が非常に低いことです。

 

一般的に、セブにある英語学校は一旦入学してしまうとほとんど返金はありません。ですから、私たちは長期のお申し込みがあった場合でも、「最初は1ヶ月くらにして様子を見た方が良いですよ」とアドバイスしています。当校としては、長期のお客様は大歓迎ですし、学校のクオリティにも自信がありますが、「誰もが100%合う」とは言い切れないのです。

 

留学は長期契約の方が割安になりますが、「合わないリスク」を考慮して最初は様子見することをお勧めします。

 

実際に、以前転校の問い合わせがあったNさんは、某学校に6ヶ月の予定で留学されました。留学最初の1週間で「ここは自分には合わない」と痛感し、当校まで相談に来られ実際に申し込みまで頂いたのですが、最終的にはその学校からの返金があまりにも少ないために、結局6ヶ月間をその学校で過ごされました。

 

ちなみにセブ英語倶楽部は、当校の不手際に起因する退学の場合は一定の条件のもと留学代金をお客様に返金します。品質に自信があるから取れる方針と自負しています。

 

 

3、セブ英語倶楽部が転校生に対してできること

 

転校生特典として、SSPの費用を当校が負担します。

 

SSPとは、Special Study Permitの略で、フィリピン国内で外国人が合法的に学校に通うためには必要な許可証です。そして、このSSPは学校毎ごとに取得する必要があるので、転校する場合は2度取得することになるわけです。

 

そこで、セブ英語倶楽部はこのSSPの取得費用4740ペソ(約1万円)を、他校さんからの転校生の場合に限って、負担させて頂きます。

 

少額&微力ではありますが、皆さんの留学の満足度を高めるお手伝いができればと思っております。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

 

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました!

無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

  • Instagram
  • 友だち追加数