ブログ

【保存版】セブ島1週間留学をとことん満喫するモデルプラン2017年4月4日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

英語もそうですが、海外や外国人に対する免疫をつけるには、実際に海外に出てみるのが一番です。ベストは海外に住んでしまうことですが、これは中々難しいですよね。そこで、在住未満・旅行以上の「留学」がオススメなのです。中でも、セブ留学の出番となります。安くて近いセブであれば、比較的手軽に留学することができます。そして、たった1週間でも膨大な経験をすることができるのです。ということで、今日はセブ島1週間留学の超欲張りモデルケースをご紹介します。

 

まずは、どうせ休暇を取るのであれば、土曜日から翌週の日曜まで丸々休んでしまいましょう。そうすれば、9連休の出来上がりです!勿論、有給を取りにくいのは分かります。私も経験者です。もしかしたら、最初は上司に嫌味を言われるかもしれません。でも、人間って忘れる生き物です。ずっと嫌味を言われるようなことはありません。大丈夫です(無責任?)。

 

 

1日目(土曜日)

セブに夕方到着。

セブ英語倶楽部であれば、ホテルにチェックイン後、早速ウェルカム・ディナーに繰り出します。フィリピン料理を味わって頂くとともに、フィリピンの洗礼を受けて頂けます。

洗礼がどういうものかは、来てからのお楽しみということで(謎)

 

ご希望であれば、レストラン等で早速英語もお教えします。注文方法とか、会計の仕方とか。

 

 

 

2日目(日曜日)

主に3つの選択肢があります。

 

  • 高級リゾートでのんびり
  • アイランドホッピングという船での島巡り
  • スキューバダイビング

 

1については、セブ英語倶楽部のみの特典で、通常6,000円はするリゾート利用料(デイユース)がなんと1,000円程度にスーパー・ディスカウント!

 

2、3についても、提携ツアー会社にて割引料金でお楽しみ頂けます。

 

 

 

3日目(月曜日)

授業初日です。コースに応じて、4時間〜5時間のレッスンをがっつり受けて頂きます。その後は、予習復習をされるも良し、学校外で実際に英語を使ってみるのも良しです。

 

意外と好評なのが、セブのスーパーマーケットでのショッピング。地元のフィリピン人に混ざっての買い物はかなりエキサイティングです。勿論、当校スタッフも可能な限り同行させて頂きます。店員さんとの会話で、サバイバル英会話を磨いて頂きます。

 

 

 

4日目(火曜日)

授業2日目。

この辺りで少し疲れが見える方も….

そこで、当校教室の目の前にある、フィリピンで有名なマッサージ店「ヌアタイ」で格安マッサージは如何でしょうか?

 

1時間 460円と衝撃の価格ですが、クオリティは間違いありません。

マッサージ屋の店員さんとの会話も勿論英語です。

 

 

 

 

5日目(水曜日)

授業も早や3日目。

この日も休まず、授業と自習の合間を縫ってアクティブに動きます。

 

水曜日はエクササイズ・デー(ご希望であれば)。

 

地元のスポーツジムでエクササイズ、まはた水泳。

ゴルフ好きの方であれば、ゴルフの打ちっぱなしにお連れします。

 

行き帰りのタクシーや、ジム等のスタッフとも当然英語でのコミュニケーションを楽しんで頂きます。いつでもどこでサバイバル・イングリッシュ!

 

 

 

6日目(木曜日)

そろそろ英語に疲れてくる授業4日目。

それでも、しっかり授業はこなして最低限の予習・復習に勤しみます。

 

もし、お時間&余力があれば、現地のカフェにお連れします。

是非とも、フィリピンのスイーツを楽しんでみて下さい。カフェで自習ってのも良いですね!この頃には、自分で注文できるようになっているかも。

 

 

 

7日目(金曜日)

とうとう授業最終日。

この日もしっかり学んで皆勤賞を達成して下さい。

 

夜は恒例の送別会。他のお客様(生徒さん)もお誘いしてディナーにでかけます。その後は、ご希望であればクラブやカラオケにもお連れします。当校スタッフが同行しますし、安全なお店にしかお連れしませんのでご安心下さい。

 

 

更には、セブ英語倶楽部名物?自分の送別会は自分で電話で予約する、に是非チャレンジして下さい。実は、英語での電話って一番ハードル高いんです。ジェスチャーとか使えませんので。しかし、ご安心下さい。日本人講師KGが横でサポートしますので。これこそ、究極のサバイバル英会話です!

 

 

8日目(土曜日)

この日はオフ!最後の休日。

下記の3つのオプションでお楽しみ頂くか、滞在中に気にいった場所を再び訪れるのも良いでしょう。

 

  • 高級リゾートでのんびり
  • アイランドホッピングという船での島巡り
  • スキューバダイビング

 

 

親子でもお楽しみ頂けます^^

 

9日目(土曜日)

とうとう日本へ帰国。

きっとセブへの再訪を誓ってご帰国なさることと思います(自信)。

 

 

 

いかがでしたか?

1週間の休暇でも、セブ留学ならこれだけ詰め込むことができます。あまり詳しくは触れませんでしたが、授業と自習をやった上でこれだけ楽しめるのです。学校の中と外で、どこでも英語を使えるのです。少人数制のセブ英語倶楽部なので、こうしたきめ細かいお客様のフォローが可能となります。

 

是非、一緒に楽しみましょう!

 

Happy Studying♬

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数