セブで一番親切な英語学校 セブ英語倶楽部

東京オフィス 直通電話
050-3559-7922

ブログ

フィリピン英語の「なまり」を検証する2016年8月9日

日本人講師KG
訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

いきなり結論から入ります

 

・多くのフィリピン人の話す英語は フィリピン流の発音です

・「フィリピン人の話す英語はネイティブのようだ」と言う方もいますが違います

・フィリピン英語は アメリカン・アクセントと言われますが これも違います

これは「イギリス寄り」ではなく 「アメリカ寄り」という意味です

 

そして 上記の3点はセブにある多くの英語学校の講師にも言えることです

 

これが事実

セブに2年半以上住んでいる者の意見です

 

あくまでも事実

 

別に私はフィリピンの英語をディスっている訳ではありません

 

むしろ 非英語ネイティブの国民としては 
フィリピン人の英語力は間違いなく世界トップレベルです

 

素晴らしいです

 

尊敬です!

 

 

そして重要なポイントは次の3つ

 

1.多少の訛りはあっても フィリピン人の英語は世界中で通じること

2.そして フィリピン人の英語は日本人には非常に聴きやすいこと

3.更に フィリピン人は非常に話しやすい相手であること

 

ですから 皆さん安心してフィリピンで英語を勉強して下さい

 

もう一度言います

 

 

フィリピンで「世界で通じる英語」を勉強することは可能なのです

 

 

そしてフィリピン留学で英語力をつけ「ネイティブのような英語」を勉強したくなったら

イギリス人やアメリカ人に教わって下さい

 

くどいようですが

 

世界で通じる英語 = ネイティブの英語

 

ではありません

 

 

上記の3点について少し解説します

 

1.多少の訛りはあっても フィリピン人の英語は世界中で通じること

 

フィリピンのGDP10%は OFWと言われる出稼ぎ労働者によって稼がれています

OFW / Overseas Filipino Workers (豆)

 

そして フィリピンはインドに次ぐ アメリカ企業のアウトソーシング先です

 

いずれも 根底に「フィリピン人の英語力」があるのは明らかです

 

 

2.そして フィリピン人の英語は日本人には非常に聴きやすいこと

 

フィリピン人の母国語の母音は日本語と同じです

ほぼアイウエオです

 

ですから フィリピン人同士の母国語での会話を聴いていると

意味は解らなくても 音そのものは大体聴き取れます

英語ではそうはいきませんよね

 

そして 第2言語や第3言語は 必ず母国語の強い影響を受けます

インド訛り スペイン訛り フィリピン訛り

英語には世界中に様々な訛りがあります

 

そして 同じ母音を持つ者として フィリピン訛りは何とも日本人には聞き取り易いのです

 

3.更に フィリピン人は非常に話しやすい相手であること

 

フィリピン人 いつもニコニコ笑っています

小さくて可愛いです

 

彫りの深い大きな欧米人と話すより 格段にリラックスできるはずです

 

 

これこそが

 

 

フィリピン英語は訛っているけど 英語を勉強するには最高の場所

 

 

と私が言う理由です   特に初心者!

 

 

ちなみに 私はフィリピン英語のモノマネが得意です

現地人と話す時は いつもフィリピン英語で話します

 

そういえば イギリスにいた時はイギリス人の真似ばかりしていました

そうしないと通じなかったのです

 

そして イギリスからセブに来た時に イギリス人のモノマネのままで話したら

全然通じませんでした

 

英語ってそういうものです

 

ですから 心配せずにセブに英語を勉強しにいらして下さい

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

人気記事ランキング

  • 新着30日間
  • 総合
  • KG
  • Hikky

「初めての留学」
「初めての海外」
「初めてのフィリピン」
という方でも安心です。