ブログ

フィリピン・セブ留学の持ち物~あったら便利編~2016年7月28日

40歳でサラリーマンを辞め、英語力ゼロでセブへ。セブ留学後、セブで起業しMacbook一台で稼ぐ自由な南国ノマドへ転身。その後、日本人講師KGとセブ英語倶楽部を立ち上げ、セブでの経験を生かし誠心誠意サポートしています。

こんにちは!

フィリピン留学、セブ留学、英語初心者なら

安心日本人経営の『セブ英語倶楽部』のスタッフHiroです!

 

最近、肩が痛かったのですが先週末からジムに行き始めて

じっくりストレッチを始めたら痛みが和らいできました!

40肩にならないようにしかっり運動しようと思った今日この頃です…

 

 

さて、前回はフィリピン・セブ留学時の持ち物~基本編~をお送り致しました

 

前回の記事はこちら

 

今回は、無くても何とかなるけど、あると便利な物をご紹介したいと思います!

 

あったら便利な持ち物

 

・クレジットカード

 ショッピングモールやレストランなどの支払いで使用できます。

 ローカルレストランや公共の交通機関では現金のみの扱いになります。

 

 現地のATMでキャンシングをすることもできますが

 事前に設定が必要な場合もありますので

 カード会社に問い合わせてから留学に来てくださいね

 

 

・常備薬

 普段服用している薬があれば持参しましょう。

 

 かぜ薬、頭痛薬、胃腸薬、下痢止めをよく使うかと思います。

 現地の薬も購入できますが、日本製のほうが日本人には合っています。

 

 

・メガネ、コンタクトレンズ、ケア用品

 現地でも購入できますが、値段が高く、販売している店舗も少ないです。

 

 

・化粧品、日焼け止め

 現地でも購入できますが、肌が荒れてしまうこともありますので

 日本製の使い慣れているのもの良いですね。 

 女性の方はメイク落としも大事ですね!

 

 

・目薬

 フィリピン人が目薬を使っているところを見たことがありません(笑)

 普段使い慣れたものを持参しましょう。

 

 

・虫よけグッズ

 日本製のほうがいろいろ種類が豊富ですが

 季節的に入手しにくい場合もありますので

 現地の購入でも良いかと思います。

 

 

・ノートパソコン、スマートフォン

 みなさん、スマホは日本からそのまま持ってくる方が多いと思いますが

 SIMフリー端末以外の方はフィリピンに入国したらスマホの設定を必ず

 

 設定→モバイルデータ通信→OFF(iPhoneの場合)

 

 または

 

 機内モード→ON(WiFiのみONにする)

 ※自動的にモバイルデータ通信がOFFになります

 

 にしてくださいね!

 

 日本の設定のままにしておくと、フィリピンに入国後

 自動的に国際ローミング設定になり、そのままインターネットに接続すると

 高額なデータ通信料が掛かってしまいます。

 

 セブには無料WiFiが使えるホテルやレストラン、カフェが

 日本よりも多くありますので、LINE、Facebookも日常的に使えます。

 

 私もLINEやFacebookの無料通話を使ってよく日本の友人と話をしますが

 日本で使用するのとほぼ変わらない音質で利用することができます。

 

 

・長袖の羽織る物 

 パーカーやカーディガン、ストールなど羽織れる物が1、2枚あると便利です。

 セブは基本的に年中暑いのですが、エアコンがとても効いている場所が意外と多いので

 特に教室やレストラン、カフェ、飛行機、バスなどで

 寒い時にあると良いです。もちろんセブでも購入できます。

 

 

・文房具

 セブでも基本的な文房具は買えますが、日本製のほうが使いやすいです。

 

 当校のオフィスでも、ボールペンやパンチ、ファイルなど

 日本製の文房具を多数使っています。

 

 

・スニーカー

 学校近くの外出ならばサンダルでも問題ありませんが

 週末に旅行等で遠出する場合は、スニーカーのほうが疲れにくく安全です。

 またホテルや学校に併設のジムに行く時や

 ショッピングモールで行われている無料ズンバなど

 運動不足になりがちなセブで運動する時にあると便利です。

 

 

・水着

 現地でも購入可能ですが、留学最初の週末から

 海に遊びに行こうとなる機会が多いので

 日本で自分のお気に入りの水着を持参するのがベターです。

 

 留学最初の週は、買い物に行っている余裕がなかなかありません。

 

 

・サングラス

 現地でも安価なものが購入できますが、日差しが強く紫外線も強いので

 UV加工されている日本製の物も良いと思います。

 

 

・ちょっとおしゃれな服

 週末にリゾートで過ごしたり、パーティに参加したり…

 ちょっとおしゃれな服を持ってくれば良かったと思うことも。

 

 こちらでも探せばお気に入りの1枚が見つかるかもしれませんが

 意外とこういう物ってフィリピン人と日本人の感覚の違いがあって

 見つかりそうで見つかりませんので、日本から持参しておくと安心ですね。

 

 最近では、セブにもユニクロ、Forever21、H&Mなどが進出していますので

 以前よりも探しやすくなりました。

 

 

・小さめのカバン、リュック

 授業用の教科書や筆記用具を入れたり、ちょっと遠出した時に

 財布、スマホ、ハンカチ程度が収納できると便利です。

 

 

・ハンガー、洗濯バサミ

 特に女性の場合、下着だけはご自身で手洗いしたいという方が多いので

 旅行用の物干しロープなどがあると便利ですね。

 

 

・日傘、傘

 当校、日本人講師KGも愛用している晴雨兼用傘は

 セブではかなり使えるそうです。

 

 

・携帯用ウォシュレット

 セブには基本的にホテルにもショッピングモールのトイレにも

 ウォシュレットがありません。私がセブに移住できたのも

 TOTOの携帯ウォシュレットのおかげです。

 

 

・爪切り・綿棒・耳かき棒

 こちらで自分に合ったものを探すのは難しいです。

 小さい物ですので持参しちゃいましょう。

 

 

・1~2日分の旅行用シャンプー、リンス、せっけん

 特に深夜に到着する人は買う時間がありませんので

 日本から持参するのが良いでしょう。現地でもブランドの

 シャンプー、リンスなどは買えますので

 大きいものを持ってくる必要はないかと思います。

 

 

・体を洗う用のボディタオル

 小さいタオルでも代用できるかと思いますが

 こちらではなかなか見つかりません。

 

 

・スマホ用防水ケース

 週末に海に行くことも多いと思います。

 水中で写真を撮ったり、万が一の時に備えて。

 

 

・いつも100円ショップで買っている日用品

 セブにもダイソーなど100円ショップがありますが

 こちらでは同じような商品が約2倍の価格だったり

 品揃えも日本ほどありません。

 

・明治ベストスリー(チョコレート)

 自分が疲れた時に食べるのも良いですが

 明治のチョコレートはセブでも有名です。

 

 フィリピン人講師やスタッフにあげたり、友人とシェアしたりして

 コミュニケーションツールとしても使えます。

 

 

・ふりかけ

 ごはんが口に合わない時にふりかけさえあれば何とかなります。

 

 

・青汁、サプリメント

 学校の食事やセブでは野菜不足になりがちです。

 それを補うために持っていると良いかもしれません。

 

 

 

あったら良い物をあげていくとキリがありません。

 

セブにもダイソー、無印良品、日本食材店などもあり

日本の商品が手に入ります。(お値段は高めですが…)

 

またショッピングモールではだいたいの日用品は手に入ります。

 

スーツケースの大きさや重量には限りがありますので

何を優先するかを考えて準備をしてくださいね!

 


フィリピン留学 ブログランキングへ

  • Instagram
  • 友だち追加数