セブで一番親切な英語学校 セブ英語倶楽部

東京オフィス 直通電話
050-3559-7922

ブログ

セブ島でジンベイザメと泳ぐ!(2)~現地在住者が質問にお答えします!〜2017年1月28日

Hikky(ヒッキー)
40歳でサラリーマンを辞め、英語力ゼロでセブへ。セブ留学後、セブで起業しMacbook一台で稼ぐ自由な南国ノマドへ転身。その後、日本人講師KGとセブ英語倶楽部を立ち上げ、セブでの経験を生かし誠心誠意サポートしています。

 

『セブ島でジンベイザメと泳ぐ』シリーズ、第2回目です。

 

第1回目の記事をまだの方は、こちらからどうぞ!

セブ島でジンベイザメと泳ぐ!(1)

 

セブ島ジンベイザメツアー概要は??

オスロブのジンベイザメは、野生は野生ですが餌付けされています。

毎朝、ジンベイザメは餌を食べにオスロブに来ますので、この餌を食べに来ているジンベイザメと一緒に泳ぎます。

そして、このジンベイザメ、お腹がいっぱいになると、各々、海へ戻って行きます。

つまり、餌を食べに来ている時間しかジンベイザメはオスロブにいません。

この餌を食べている時間が午前中と言われており、ジンベイザメが帰ってしまう前にスノーケリングをするには、現地に午前10時ぐらいまでに着く必要があります。

 

上記を踏まえてざっくりと、ツアー会社が提供するセブ島ジンベイザメツアーの流れを説明すると

 

1. 早朝4時~5時ぐらいにホテルでピックアップ、ジンベイザメスポット『オスロブ』に向けて出発。

 

2. 途中、トイレ休憩、朝食タイム。途中のジョリビーで朝食を食べるツアーも多いので、ここでフィリピンのソウルフード『ジョリビー』を体験するのも良い思い出ですね。

 

3. 出発してから4時間程度でオスロブ到着。

 

4. ジンベイザメとスノーケリング(約30分)。

 

5. 午前中で終了するので、この後オプションで近くの他の場所に行くツアーが多いです。

 他の場所一例

 ・スミロン島

 ・カワサンの滝

 ・ツマログの滝

 

6. ランチ(ジンベイザメ終了後、ランチのツアーもあり)

 

7. セブ市内、マクタン島のホテルへ帰路。

 

実際のツアーはどんな感じ??

先日、セブ英語倶楽部と同じビル内にある、日本人経営のツアー会社『CSP』さんのツアーに参加してきました。

 

『CSP』さんのWebサイトはこちら

※セブ英語倶楽部の紹介と伝えればきっと通常よりもさらに親切にしてもらえると思います!

 

今回のツアー参加費用は、・・・・1人4,200ペソ(日本円で約10,000円)でした。

※この価格は、4人で参加の場合ですので3人以下、5人以上の場合は、お問い合わせ下さい。

 

 

【5時頃】

私が滞在する『モーベンピックホテル』にドライバーが迎えに来てくれました。

日本語の分からないドライバーでもその時間にはロビーに人がいないのですぐに見つけてもらえます。

そして、一緒にツアーに参加する他の参加者を迎えに別のホテルへ。

 

現地で着替える必要が無いように、下に水着を着用して行きましょう!

 

 

【6時頃】

参加者全員をピックアップ後、オスロブを目指します。

 

早朝なので道は空いています。

車内では、この日、日本人ガイドも同行していたので美味しいレストラン情報を聞いたり、この日以降のアクティビティの相談ができます。一緒にこのツアーに参加した人は、パンダノン島へのアイランドホッピングもこの時に相談していました。(日本人ガイドがいない場合は、日本語が話せるフィリピン人が対応)

ガイドブックには載っていない現地在住者ならではの生の情報がいろいろ聞けて、これだけでもツアーに参加する価値があるのではないかと思ってしまうほどでした!

 

 

7時頃

途中、ジョリビーに寄って朝食です。

 

ジョリビーとはフィリピンNo.1ファストフード店、セブに来たらマストフードです。

 

日本人観光客の方には正直、夕食にジョリビーという感じではないので、こういうタイミングでジョリビーが体験できるのもうれしいです!

 

ジョリビーについてはこちらの記事も併せてどうぞ!

Jollibee(ジョリビー)

 

いつも混雑しているジョリビーも早朝は空いているので、ゆっくり朝食タイムが取れます。

 

この時、私はパンケーキを注文。

 

マクドナルド同様に、ジョリビーにも朝食限定メニューがあるのでぜひ試してみてください!

意外と美味しいのでオススメです。

 

こちらは、今回のツアーガイド、日本人のTさんと日本語ペラペラのフィリピン人ガイド。

 

フィリピンNo.1ファストフード『ジョリビー』で朝食を楽しんだあとは、再びオスロブを目指します。

ここから約1時間半ぐらいの道のりです。早朝の出発なのでここで仮眠を取らせてもらいました。ネックピローを持参するときっと快適に仮眠が取れることでしょう…

 

このような海岸線も走りますので、非日常の景色を楽しむのも良いですね!

 

 

9時頃

オスロブに到着です。この日はとても混雑していてオスロブ渋滞が起こっていました。

 

ジベンザメスノーケリングの申し込みやスノーケリングの注意事項などはツアー会社のスタッフが日本語で行ってくれます。

 

今回ジンベイザメスノーケリングに訪れた日は、受付がこんな感じで大混雑…

 

 

セブ初心者の英語が話せない日本人には自分で申し込むは少々難しいですね…

かなりのストレスが発生すると思うのでお金を払ってツアー会社にまかせてしまったほうが楽チンです。

 

受付を済ませてもらったら、あとは順番が来るまで待ちます。

 

待っている間は当然暑いです(笑)

 

 

さすがにこの状況ではノマド作業もできないので、記念撮影などをしながら楽しみます(笑)

 

 

そんなこんなで遊んでいると、いよいよ私たちの順番になりジンベイザメスノーケリングへ出発です!!

 

 

衝撃のジンベイザメスノーケリングの模様は次回へつづく…

 

 

今日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

 

 


当校のLINEにお友達登録していただければ、留学についての質問はもちろん

セブについての質問も受け付けております!

 

セブ旅行・セブ移住・セブビジネス・南国ノマドについてのご質問もお気軽に下記LINEからどうぞ!

 

友だち追加数

 

※PCの方は『@pzk1123u』で検索して下さい

————————————————————–

人気記事ランキング

  • 新着30日間
  • 総合
  • KG
  • Hikky

「初めての留学」
「初めての海外」
「初めてのフィリピン」
という方でも安心です。