ブログ

セブでの上手なタクシーの乗り方 セブ島タクシーの生々しい実態を知る2016年8月2日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

スミマセン、何とも小馬鹿にしたようなタイトルで。。

 

しかし、ここフィリピンではタクシーの乗り方のコツというか、知っていると役に立つことがたくさんあるのです。

 

 

タクシーは何人乗っても料金は同じ。
メーターに表示された料金を払えばOKです。

 

 

実はメーターの料金を、1人づつ払わされたという話を聞いたことがあります。

 

その時は4人乗っていたとか…

 

そんなルールはフィリピンにはありません。

 

もし運転手に唆されても、騙されないようにして下さいね。

 

 

タクシーが発車したとき、必ずメーターが動いているか確認してください。

 

 

セブでは稀ですが、メーターを倒さずに法外な料金を吹っかけてくる運転手がいます。

 

メーターを倒していない場合は「ミーター」と言ってメーターを指させば大体倒します。 カタカナ発音でOK

 

 

お釣りを用意するのは客の役目。

 

 

セブの運転手はお釣りが無くても「釣りがねえ」と言うだけです。

 

一言も詫びもないし、何もしてくれません。

 

常に財布の中に小銭があるように管理しましょう。

 

大きなショッピングモールやレストランに行った時には、小銭がピッタリあっても使わずに、大きなお札を崩すようにしましょう。

 

小さいお店で、500ペソ以上のお札を出すと露骨に嫌な顔をされます。

 

 

行先は単語で告げる。

 

 

セブに来た当初は普通に英語を使っていましたが、最近は単語オンリーです。

 

フィリピンのタクシー運転手の多くは、情報処理能力が極めて低いので余分な情報を与えないことがお互いのためです。

 

例えば、セブシティからセブ英語倶楽部に帰ってくる時は、

 

 

マクタン ガイサノ・アイランドモール 

 

 

この二言で十分です。

 

 

タクシーの運転手は返事をしない

 

 

当初は、なんて無礼な奴らだと思いましたが仕方ありません。

 

そういう生き物なのです。

 

行先を告げても、お金を払っても、ウンともスンとも言わないドライバーはたくさんいます。

 

ですから気にしないで下さい。

 

気にするだけ損です。

 

 

セブの運転手の運転は世界最低レベル

 

 

もう本当に下手な運転手ばかりです。

 

たまに車酔いします。

 

どんどん飛ばして、急ブレーキかけて、音楽ガンガンかけて、携帯で話しまくって、前にいる車を全部追い越して、ずっとクラクションを鳴らしています。

 

危ないと思ったら遠慮せずに伝えて下さい。

 

残念ながら、荒い運転の犠牲者になってしまった観光客の方もいらっしゃいます。

 

勇気をもって スロー・ダウン・プリーズ と言って下さい。

 

 

 

まあ ざっとこんなものでしょうか?

 

セブのタクシーに興味がある方は 私の個人ブログの記事をお読み下さい。

 

セブ島 タクシーの安全な乗り方 Easy Taxi と Grab Taxi
http://cebuapprentice.com/?p=1285

 

セブのタクシーの救世主、Easy Taxiの著しい品質低下
http://cebuapprentice.com/?p=1524

 

今日のタクシー
http://cebuapprentice.com/?p=423

 

フィリピンのタクシー
http://cebuapprentice.com/?p=64

 

タクシー料金の払い方
http://cebuapprentice.com/?p=3528

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました!

無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 


フィリピン留学 ブログランキングへ

  • Instagram
  • 友だち追加数