セブで一番親切な英語学校 セブ英語倶楽部

東京オフィス 直通電話
050-3559-7922

ブログ

アメリカ大統領トランプに学ぶプレゼンの極意2017年3月5日

日本人講師KG
訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

アメリカ時間の2017年2月28日、トランプ大統領の一般教書演説がアメリカ議会で行われました。私も早速、Youtubeで約1時間に渡るスピーチを観ました。

 

 

胸熱です!
素晴らしい!!
Absolutely Fantastic!!!

 

 

アメリカのみならず、日本を含む世界中の大マスコミが、反トランプの立場を取り批判一色の論調ですが、皆さん是非一度、トランプの生の声を聴いてみて下さい。

 

 

1時間もの間、人を飽きさせないスピーチができる人ってそうはいません

 

 

私は2016年9月のトランプvsヒラリーのディベートを英語で観て以降、トランプの大ファンになりました。とにかく、トランプの言葉には力があるのです。一方で、オバマやヒラリーの言葉は美し過ぎて、教科書的で、総花的で、優等生的で心に刺さってこない。そこで、今日は政治的な信条は一旦脇に置いておいて、トランプのプレゼン術について簡単に意見を述べたいと思います。

 

この名演説の英語解説も近々このブログでやりますね!

 

 

1、ゴール(言いたいこと)が明確

トランプの言いたいことは、もう一度アメリカを偉大な国にするとういうこと

 

 

2、ゴールを達成するための戦略(ストラテジー)も具体的

彼は、ジョブ / JOBという言葉を何度も使っています。そう、「アメリカ人に雇用を取り戻すこと」、それこそがこのスピーチから浮かび上がる彼の戦略なのです。

 

 

3、力強いアイコンタクト

トランプは原稿を一切読みません。1時間、ずっと聴衆を見て話し続けます。

 

 

4、ゆっくり話し、時折適切なポーズを置く

こうした聴衆への配慮は抜群です。そして、これは自信と経験があるからこそできること。私はいつも授業中に生徒さんにこう言っています。自信を持って話しましょう。自信を持てば、焦らずにゆっくり話せるようになりますよ、と。そして、この自信を植え付けてくれるのは努力だけなのです。

 

 

5、本当に自分の言いたいことを話す

きっとこれが一番大切なのです。トランプの言動はブレません、首尾一貫しています。それは、ただ単に自分が本当に言いたいことを言っているからこそ実現できることです。ですから、言葉にもパワーが宿るのです。ヒラリーのように、その場その場で言葉を繕っていては聴衆の心には響きません。

 

ビジネスのプレゼンでは、自分が言いたいことよりも、顧客が求めることについて当然話す必要があります。しかし、それだけでは顧客の気持ちは掴めないと思います。人は、話し手の自分のビジネスに対する熱い想いを聞いて、それに共感して、その人のファンになって、「この人にお願いしよう」と決心するのです。そういう意味で、自分について、自分のビジネスについて、そして日本について、自分の言いたいことを英語で熱く語るトレーニングは実戦的な英会話の向上には非常に効果的なのだと思います。

 

 

興味のある方は是非Youtubeで日本語字幕版を検索して観てみて下さい。

英語力に自信のある方、字幕無しに挑戦してみたい方は、是非下記の動画を観て下さい。トランプの言葉が、グサグサとあなたのハートに突き刺さることでしょう!

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました! 無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

人気記事ランキング

  • 新着30日間
  • 総合
  • KG
  • Hikky

「初めての留学」
「初めての海外」
「初めてのフィリピン」
という方でも安心です。