ブログ

まずはパスポート取得!そして「日本のパスポート世界最強説」を語る2016年7月27日

日本人講師KG
訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

フィリピンは外国なので フィリピン留学をするにはパスポートの取得が必要です

もし まだパスポートをお持ちでない方は すぐに取られた方が良いでしょう

20歳以上であれば10年間有効のパスポートも取れます

 

LCCの進出で海外に格安で行ける時代

パスポートを持っていて損は無いでしょう

 

「パスポート取得」で検索すれば 取得方法に関する記事も簡単に見つかります

下記は外務省のHP

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html

 

 

IMG_1719

少しくたびれた私のパスポート

 

 

さて 今日の本題は

 

パスポートにも 発行する国によって強弱があるということ

つまりある国のパスポートは強い ある国のパスポートは弱い

 

という現実

 

外国に入るには 正確には「パスポート」と「ビザ」が必要です

そして ポイントは「ビザなし」でどれだけの国に入れて貰えるか?ということ

 

下記表が2016年のランキング

 

eaf7f4e1

http://blog.livedoor.jp/journeying/archives/1056361903.html

 

日本はランク5

173ヵ国にビザなしで入ることができます

つまり パスポートを持っていれば それだけで入国できるということです

 

ありがたいことです!

 

そしてフィリピンも パスポートさえあれば 日本人は無条件で30日間の滞在が許可されます

 

これまた ありがたいことです!!

 

 

このような「パスポートの強弱」を私が認識するようになったのはイギリス留学時代

 

休暇に合わせて 外国人のクラスメートや友人が旅行の予定を立てる上で

最初にしていたのがビザの確保

 

えっ 日本人って○○にビザなしで行けるの?

日本のパスポート羨ましい!!

 

こんな会話 よくありました

 

ビザを取るのは面倒です

時間もかかります

 

覚えているだけでも

 

ペルー人の友人が スペインにビザ発給を拒否されました

台湾人の友達が モロッコからビザを得ることができませんでした

モロッコの入国審査は無駄に厳しくて最悪 いま思い出してもムッとしますね…

 

そして旅行を断念しました

 

更に中国人はそもそもパスポートが弱いので 旅行の計画を立てることすら断念していました

 

なんとイギリスでは 学生ビザの取得に際して 国を二つのカテゴリーに分けるのです

 

「ローリスク・カントリー」 と 「そうでない国」

 

さすがに「ハイリスク・カントリー」とは 大学では呼ばれていませんでしたが

イギリスのオフィシャルな文書では

 

Blacklisted “High-Risk” Countries x 44 

 

という強烈な言葉が使われています

興味のある方はコチラ↓

https://www.whatdotheyknow.com/request/high_risk_immigration_blacklist

中国と 残念ながら我らがフィリピンも含まれています

 

 

少々長くなりましたが 私が言いたいのは

本当に日本のパスポートはありがたい ということです

 

ビザなしで入れる国が多いだけでなく 日本のパスポートだと

明らかに入国審査が早いのです

 

これは私の経験のみならず 多くの方々の意見です

 

もうEU諸国やアジアなんて 秒速ですね

審査が厳しいと評判のドイツのフランクフルトだって 笑顔で即通過でした

同じく悪評の?アイルランドのダブリンも楽勝でした

唯一面倒くさいのがイギリス 特にロンドン 特にヒースロー…

 

これは これまで日本人が築いてきた評判に裏付けられたものです

先輩達に本当に感謝です!

 

ですから 私は海外にいるときは 常に「日本代表」のつもりで行動しています

 

ある外国人にとっては 私が初めて出会う日本人かもしれません

評判を落とさずに 次の世代にバトンを渡したいものです

 


フィリピン留学 ブログランキングへ

人気記事ランキング

  • 新着30日間
  • 総合
  • KG
  • Hikky

「初めての留学」
「初めての海外」
「初めてのフィリピン」
という方でも安心です。