ブログ

こんなにある!セブから直行便で行ける国2016年7月30日

日本人講師KG
訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

セブの空港の正式名称は Mactan–Cebu International Airport

そう 歴とした国際空港

つまり セブから日本以外の外国へだって直接飛べるのです 当たり前!

 

ということで 今回は セブから直行便が出ている都市をご紹介します

 

日本への帰国便のスケジュールを 留学期間が終わる数日後に設定して

『第三国への海外旅行』を楽しむことだって可能なんです

 

近隣のアジアの都市であれば LCC(格安航空券)が就航しているので

気軽に海外旅行を楽しむことができます

 

勉強した英語を 実際に使ってみる絶好の機会でもありますね!

 

ということで 下記がセブから直行便で行ける都市の一覧(日本以外)

 

中国: 上海

台湾: 台北

香港

韓国: 釜山、ソウル

シンガポール

マレーシア: クアラルンプール

アメリカ: ロサンゼルス  

アラブ首長国連邦: ドバイ  

独自調べ 多分網羅されていると思います…

 

ロサンゼルスとドバイは 時間もお金もかかるので ハードル高めですが

それ以外の都市は 一番遠いクアラルンプールでも4時間で行けます

 

是非 スカイスキャナーを使って調べてみて下さい

https://www.skyscanner.jp/

 

 

ここで 私の独断と偏見で 英語学習者の皆さんへのおススメ都市を選定します

 

1.シンガポール

 

セブから3時間半程度で飛べます

実際に私もセブから2回行ったことがあります

 

シンガポールでは 英語が中国語と同じように一般的に使われています

是非 「シングリッシュ」と言われる英語を味わってみて下さい

 

英語を勉強された後であれば きっと 『世界には多様な英語があるということ』

が理解できると思います

シングリッシュはフィリピン英語とはかなりアクセントが違います

結構 聞き取るのキツイです…

 

観光としては 長くても3泊4日あれば 十分でしょう

 

2.香港

 

ご存知の通り 香港は1997年までイギリスでしたので

アジアで最も英語が通じる都市の一つです

 

観光地としても面白い都市です

少し足を伸ばして マカオにだってフェリーで簡単に行けます

 

香港の英語は やはり中華系というか シンガポールの英語に似ていますね

ごく少数の方としか話したことありませんが…

 

また シンガポール同様 フィリピン人の出稼ぎが多い都市でもあります

以前 仕事の依頼で 香港のHSBC銀行のコールセンターに電話したところ

電話で応対してくれたのが フィリピン人だったという思い出もあります

アクセントですぐに分かりました…

 

いずれにせよ 勉強した英語を試すには絶好の場所です

 

3.クアラルンプール

 

マレーシアは 昔はイギリスの植民地

ですから 英語もかなり通用します

 

勿論 マレーシア流の英語ですが ベースはブリティッシュ・イングリッシュです

クアラルンプールの中心部での移動は モノレールを使うことが多いのですが

駅のアナウンスが ブリティッシュ・アクセントだったのが印象に残っています

 

また 仕事で何度か クアラルンプールのお店に電話したことがありますが

冒頭「ハロー」と言えば その後は全て英語で対応してくれました

 

セブからはエアアジアで4時間で飛べます

 

 

こう見てみると戦前の植民地支配が 今なお大きな影響を及ぼしていることが分かりますね

シンガポール 香港 マレーシアはイギリスの植民地

そして フィリピンはアメリカに統治されていたのです

 

 

最後に 最新情報!!

セブからバンコクへの直行便が出るとの情報をキャッチしました

Thai Airways mulls daily Cebu-Bangkok flights

http://www.philstar.com/business/2016/07/17/1603561/thai-airways-mulls-daily-cebu-bangkok-flights

 


フィリピン留学 ブログランキングへ

人気記事ランキング

  • 新着30日間
  • 総合
  • KG
  • Hikky

「初めての留学」
「初めての海外」
「初めてのフィリピン」
という方でも安心です。