ブログ

あの有名な「ハーバードMBAとメキシコ人漁師の話」の原文を読み解いてみる2017年5月12日

訪れた国約40カ国、セブ在住3年の自称『熱血』英語講師。37歳で英語の勉強を始め(遅っ!)、イギリスMBA(経営学修士号)まで取得した英語学習法を惜しみなくシェアします。

 

皆さん、「ハーバードMBAとメキシコ人漁師の話」をご存知ですか?

とっても面白い話ですので、まずは下記を読んでみて下さい。

2分もあれば読めるでしょう。

出典はhttps://curazy.com/archives/64409ですが、多くのサイトで紹介されています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メキシコの海岸沿いの小さな村を、アメリカ人エリートコンサルタントが訪れました。
波止場に止めてある漁師の船を見ると、黄色い背びれを持つ活きのいいマグロが獲れています。
そのアメリカ人コンサルタントはその船の漁師に尋ねます。

 

「その魚を釣り上げるのにどれくらいかかったのですか?」

 

メキシコ人漁師は答えます。

 

「数時間くらいかな。」

 

「なんでもっと長く海に残って、もっと魚を獲らないんですか?」

 

「家族が必要としている分があればそれでいいのさ。」

 

「では、仕事以外のときは何をして過ごしているんですか?」

 

「遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、子どもと遊び、妻のマリアと一緒にゆっくり昼寝をして、夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手にギターを弾いて楽しむね。本当に充実した毎日だよ。」

 

それを聞いて、コンサルタントは鼻で笑いながら言いました。

 

「私はハーバード大学を卒業してMBA(経営学修士)を取得したコンサルタントです。そこであなたに助言をしましょう。まず、あなたはもっと漁をする時間を長く取るべきです。そして、大きな漁船を買ってください。そうすれば、もっと魚を取ることが出来て、さらに多くの船を買うことができますよ。最終的には大きな漁船団を手に入れることが出来るでしょう。」

 

「また、仲介業者を挟まずに獲れた魚は加工業者に直接出荷しましょう。最終的には自分の加工工場を作ることが出来るでしょう。製品、加工、流通に関してすべて自分でコントロールできるようになりますよ。」

 

「そしたら、こんな小さな漁村を離れてメキシコ・シティに移り、その後ロサンゼルスに、最終的にニューヨーク・シティへ進出するんです。あなたの大きくなった会社を経営できるようにね。」

 

それを聞いた漁師は、コンサルタントに聞きます。

 

「で、それはどれくらいかかるんだい?」

 

「15~20年くらいですかね。」

 

「じゃあ、その後は?」

 

コンサルタントは興奮気味に答えます。

 

「ここからが最高ですよ。あなたの会社を株式公開して、自社株を大々的に売り出すんです!あなたは巨万の富を手に入れ、一躍億万長者に成り上がるのです!」

 

「巨万の富か…それで、次は?」

 

コンサルタントは満面の笑みで答えます。

 

「そしたら、大金を持って早期リタイヤですよ!あなたの好きなことがなんでも出来るんです!遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、子どもと遊び、妻のマリアさんと一緒にゆっくり昼寝をして、夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手にギターを弾いて楽しんだりできるでしょうね!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

非常に興味深いお話ですよね!!皆さんは、メキシコ人漁師に賛成しますか?

実は私は、ハーバードMBAの意見に賛成なんです。彼が語るようなビッグビジネス(株式公開とか)までは興味ありませんが、彼の言う成功するまでの「15年〜20年」こそが、人生で一番楽しいことだと思うのです。

この20年で多くを学び、多くの人達と出会って、それこそお金では買えない資産を築けると思うのです。お金は必要ですが、あくまでも結果ですね。

 

さて、海外のこうした話を聞くと、どうじても英語原文を読みたくなるのが私の性分。早速、原文を見つけました。

まずは、原文全文を掲載しますね。そして、次回、簡単に英語に関する解説を加えてみたいと思います。

 

出典は、http://www.wanttoknow.info/051230whatmattersinlifeです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

What Really Matters in Life?
Mexican Fisherman Meets Harvard MBA

 

What really matters in life?
A vacationing American businessman standing on the pier of a quaint coastal fishing village in southern Mexico watched as a small boat with just one young Mexican fisherman pulled into the dock. Inside the small boat were several large yellowfin tuna. Enjoying the warmth of the early afternoon sun, the American complimented the Mexican on the quality of his fish.

 

“How long did it take you to catch them?” the American casually asked.

 

“Oh, a few hours,” the Mexican fisherman replied.

 

“Why don’t you stay out longer and catch more fish?” the American businessman then asked.

 

The Mexican warmly replied, “With this I have more than enough to meet my family’s needs.”

 

The businessman then became serious, “But what do you do with the rest of your time?”

 

Responding with a smile, the Mexican fisherman answered, “I sleep late, play with my children, watch ball games, and take siesta with my wife. Sometimes in the evenings I take a stroll into the village to see my friends, play the guitar, sing a few songs…”

 

The American businessman impatiently interrupted, “Look, I have an MBA from Harvard, and I can help you to be more profitable. You can start by fishing several hours longer every day. You can then sell the extra fish you catch. With the extra money, you can buy a bigger boat. With the additional income that larger boat will bring, before long you can buy a second boat, then a third one, and so on, until you have an entire fleet of fishing boats.”

 

Proud of his own sharp thinking, he excitedly elaborated a grand scheme which could bring even bigger profits, “Then, instead of selling your catch to a middleman you’ll be able to sell your fish directly to the processor, or even open your own cannery. Eventually, you could control the product, processing and distribution. You could leave this tiny coastal village and move to Mexico City, or possibly even Los Angeles or New York City, where you could even further expand your enterprise.”

 

Having never thought of such things, the Mexican fisherman asked, “But how long will all this take?”

 

After a rapid mental calculation, the Harvard MBA pronounced, “Probably about 15-20 years, maybe less if you work really hard.”

 

“And then what, señor?” asked the fisherman.

 

“Why, that’s the best part!” answered the businessman with a laugh. “When the time is right, you would sell your company stock to the public and become very rich. You would make millions.”

 

“Millions? Really? What would I do with it all?” asked the young fisherman in disbelief.

 

The businessman boasted, “Then you could happily retire with all the money you’ve made. You could move to a quaint coastal fishing village where you could sleep late, play with your grandchildren, watch ball games, and take siesta with your wife. You could stroll to the village in the evenings where you could play the guitar and sing with your friends all you want.”

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うん、学べる表現満載ですね!

では次回!!

 

Happy Studying♪

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

http://mail-lp.com/p/LP0

 

非帰国子女として英語を10年間勉強し、

英国にMBA留学し、

フィリピンに4年住み、

セブ島で英語学校を経営してきた

知恵と経験を凝縮しました!

無料ですのでこのままご登録下さい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

  • Instagram
  • 友だち追加数